元気が出る本おすすめ52選!人生・仕事・恋に疲れた時に読みたい本まとめ

こんにちは、MIYALOG編集部です。この記事をお読みいただいている皆さんは、元気が出ない時、前を向くのが辛い時、どんな方法で乗り越えるでしょうか。あるいは、どうやって再び前を向くためのエネルギーをチャージされるでしょうか。

この記事の編集を担当している私(@uhtm22)自身はというと、そういう拠り所のような対象が映画であったり、本であったりします。例えば、当記事の一番最初に紹介している「十二番目の天使」。この本はもう人生で何回読んだか分からないくらい、繰り返し読んでいます。

あきらめるな!絶対、絶対あきらめるな!

書籍の中で登場する台詞ですが、このシンプルな言葉が、いつも心の中で自分を支えてくれます。当記事でピックアップしている本の中に登場する人物の人生や、紡がれる言葉が、前を向いて頑張っていくためのキッカケ、支えになればと思います。元気が欲しいという方、誰かに本を通して元気を贈りたいという方などはぜひチェックしてみてください。

おすすめの元気が出る本

それでは、早速元気が出る本をご紹介していきたいと思います。なお、こちらの記事ではアンケートによって募集した「元気が出る本」の紹介も含まれています。いろいろなタイプの本があるので、その違いなんかも楽しんでもらえれば嬉しいです。

十二番目の天使

ネバーギブアップ!というメッセージを感じられる本。こちらの本は身体の弱い少年が必死に野球チームで試合に出るために頑張る姿を描いた物語です。どんなに情けなくても、弱くても、前を向いて諦めずに進んでいくことの大切さを教えてくれるおすすめの一冊。

「あきらめるな!絶対、絶対あきらめるな!」どんな時も明るく前を向き、一生懸命な姿勢でいたいと思います。本当に強いとはどういうことか、それは何かができたりできなかったり、何かを持っていたり持っていなかったり。そういうことでは測れない、謙虚に前を向き続ける力なんだと思える。

「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ

僕が学生の頃に出会って、それ以来何度も勇気をもらってきた「我武者羅應援團(がむしゃらおうえんだん)」。「応援すること」を仕事とする彼らから発せられる熱くまっすぐな言葉の一つ一つが背中を押してくれる。「熱く生きている」と実感できない、そんな毎日を送っている人も少なくないはず。変わりたい、一歩踏み出したい、そう思っている人におすすめの一冊です。

YouTubeの公式チャンネルにUPさているこちらの映像で出てくる「動けば変わる、本当に変わります。しかし、変わったのは私を取り巻く状況ではございません。一番変わったのは私の心でございます。」という言葉が大好きです。

手紙屋

働くとはどういうことか、仕事とは何か、そして人生とは何か。就職活動に苦しむ主人公とともに人生について模索できるオススメの本です。ただ生きるだけでも人は時間を過ごしますが、せっかく命を授かったのだから心を燃やして生きたいですよね。この本を通じて、人生の目的は何か?と自問してみてはいかがでしょうか。

本書は就職活動中の大学生を主人公に描かれていますが、むしろ社会に出て何となく毎日を過ごしてしまっている。この状況を何とか変えたいと心のどこかで思っている・・・。というような人にこそオススメの一冊です。頑張るぞー!!という元気が出る本。

笑う人には福来たる 「幸せ」が集まってくる5つの習慣

「笑顔」「おせっかい」「分かち合う」「即行動」「脱不幸」の5つを大きな切り口に、「笑う人」のもとにこそ幸せな生活はやってくるということを、筆者の体験談と共に綴った本。自らが「与える」ということの大切さを教えてくれる。自分や、自分の大切な人にプレゼントしてみたい一冊。

理屈で固められた「こうするべき」みたいな感じではなく、体験談から来るあたたかいメッセージが印象的。読み終わると元気が出るし、自分でもやればできるのではないか?と前向きな勇気をくれる一冊です。

夢をかなえるゾウ文庫版

自分が行動を起こせないとき、どう生きていいかわからないときによんで勇気をもらうことができた。主人公が自分の夢をかなえていく姿がとても印象的だった。具体的にいろいろな難問をクリアしていく姿にとても感動した。そしてそれを応援してくれるガネーシャというインドの神様が面白いうえに的確なアドバイスをくれるところに感動した。おすすめの元気が出る本です。

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

ライブドア社長ホリエモンこと堀江貴文さんが書いた本です。堀江貴文さんといえば、有罪判決を受けた前科者、あるいは、金の亡者という印象をお持ちのかたも少なからずいるかと思います。

しかし、ゼロでは、堀江さんの仕事に関する意識の高さや実行力の高さ、そこから学ぶことは絶対にある。そして、何事も小さいことから少しずつ改善していくことの大切さが書いてあり、新しいことの挑戦するのを迷っていたり、今仕事で悩んでいる人におすすめの元気が出る本。

ボールのようなことば。

マルチな分野で才能を発揮されている糸井重里さんの本です。ひとつひとつの詩が50個くらい収められた詩集になります。普段私たちが悩んでいること、もがいていること、不安なこと、葛藤していることを難しい言葉ではなくやさしくふんわりとした言葉で表現してくれています。新しいことにチャレンジしたり、一歩前に進みたいときに元気が出る本です。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

この本で長谷部選手が心を整えるために行っている56の習慣を読むことができます。なぜ、心を整えることが重要なのか、それは自分は未熟で弱い人間だと認識しているから、という言葉が私の心に刺さりました。そのように認めることはできるようで、できないと思います。元気がない時にはこの本を読み返し、自分自身を見つめ直すと自然と気持ちが落ち着きます。心が乱れがちな人におすすめの元気が出る本。

嫌われる勇気

アドラーの心理学をもとに自分が生きやすくなるための方法が対話方式でわかりやすく書かれている。自分の立場に合わせて考えながら読むことで今まで気になってうまくいかなかったことがどうしてなのかということが少しづつ理解できます。今までと違った考え方を得ることで試してみようかという気持ちになる。自分の人間関係などうまくいっていない人におすすめの元気が出る本。

そして生活はつづく

初めて星野源の本を読みました。子供のころからの話や日常の出来事が書かれているものです。間抜けな事だったり、自分が感じていたことが露わに表現されていて、共感できることが沢山ありました。それを悩みとしてとらえていたことも大したことではなかったと思えました。自分では当たり前と思っていた事も彼の中では大問題だったことにとても笑えました。

魂の退社

報道ステーションのコメンテーターとして出演されていた稲垣えみ子さんの魂の退社です。元朝日新聞記者で1年前ほどに退社されました。電気やガスも使わない節約生活を実践されている方です。著者の退社までの葛藤や不安なこと、前向きなことが書かれています。今現在勤めている会社に不満がある人、自分の好きなことチャレンジしたい人におすすめの本です。

さよなら私

読み終わった後、人生ってたいしたことないんだなあと開き直りました。人生や生き方について自分探しということに良く悩んでいましたが、結局はありのままの自分でいいと思えたし、変える事も何もないんだという事に気づかされました。自分なんて持ってても仕方がないことだとも思ってしまいました。肩の荷が取れた気がして生きていくことも気軽に思えるようになった、おすすめの元気が出る本。

ドラことば心に響くドラえもん名言集

国民的人気漫画ドラえもんの名言集です。面白いものから、深くためになる言葉までさまざまな言葉がつまっています。大人だからこそ心に響く名言もあり、辛いとき、落ち込んだ時など、読めばきっと元気になれること間違いなしです。心があたたまるドラことば、疲れている人、悩んでいる人にぜひ読んでほしい元気が出る本。

世界一簡単!「ストレス」と上手につき合う方法

日々積み重なるストレスから逃げるのではなくて、向き合って上手に付き合っていくコツが書かれた本です。色んな方法が紹介されているので自分に合ったものが見つかると思います。センテンスも短めでクスッと笑える表現もあって読みやすいですし、所々描かれているイラストが良い感じで力が抜けていて、見ているだけでストレス解消になります。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

仕事、人間関係、お金など、現代人が悩むであろう様々なテーマについて既存の価値観に染まっている現代人に「別にそれだけが正解じゃないよ」と、既存の価値観を揺るがす斬新な視点で語りかけてくれます。「自分は出来ていない」「自分はダメだ」と思いつめてしまわずに、今を幸せに生きるための考え方が具体的に提示されています。

自分に「ちいさな奇跡」が起きる本

マイナス思考に陥っているときに読むと特に前向きになれますし、優しい気持ちでおおらかに過ごせるようになります。自分に対して劣等感を感じたり、短所だと思っていたりする部分は実は成長する過程で必要なことで無駄でないということを気づかせてくれます。つまづいたときには焦らずに立ち止まって、広い視野で俯瞰して見ることが出来るようになります。

人生ドラクエ化マニュアル

今の自分の人生に悩んでおり、かつゲーマーだという方にぜひ一読して頂きたい一冊です。筆者はあなたの人生を「ゲーム化」してみることを推奨している。
現代社会を生き抜くには困難も生じるが、それは言ってしまえばゲームには付き物です。自分が主人公のゲームは、人生死ぬまでの一回きり。ピンチをチャンスに変えて攻略してしまえばこっちのもの。本書からは、思わず目からウロコの思考術を学ぶことができます。

気にしない練習

いつも周りの人の言葉や友人の言った些細な言葉を気にしすぎている自分がいました。その時、書店で見つけた本です。お寺のお坊さんが執筆しているからなのか説法のようにスッと心に入ってきました。何かにつけて人と比べてしまう自分にとっては、心の持ちようもタイトル通り「練習」の日々だと思います。すぐに変わることは無理かもしれないけれども、心が楽になれる元気が出る本。

頭の中身が漏れ出る日々

この本は、長澤まさみさんや榮倉奈々さんがファンであることを公言している北大路公子さんによるエッセイ集です。タイトルだけ見るとなんだか憂鬱な内容を想像してしまいますが、それは大きな間違い。これは、40代独身で北海道の実家に両親と住む著者の、脱力系呑んだくれ日記なのです。その内容は主に飲み会や雪かきなどの半径数キロ圏内で起きた出来事を妄想も混ぜつつ面白おかしく語られているもの。思わず脱力して笑える本なのでおすすめです。

ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?

子どものことを「小さい人」と呼んでいる筆者から、子どもと敬意をもって接することの大切さを学ばせていただきました。読み進めていくうちに、自分自身の子ども時代のことが次から次へと心に浮かんできて、とても懐かしく思えてきました。また、本書の最後に紙芝居の話があったのですが、自分のこれからの生き方を考えていく上でとても参考になりました。

だから、そばにいて

いつもと変わらない日常を送る中で、時々何をやってもうまくいかない、気持ちだけが空回りして疲れてしまう、そんな時って誰にでもあると思います。忙しさの中で自分でも気づかないうちに心も体も疲れはたまっています。

そんな時は些細なことで落ち込んでしまったり、悪気ない言葉に心が折れてしまいます。「だからそばにいて」は、いろんな状況で少し立ち止まってしまっている、人の心によりそって前向きな気持ちになれる、簡単に言えば心を元気にしてくれる名言集です。

人生はニャンとかなる!明日に幸福をまねく68の方法

68匹のかわいい猫たちの写真と、偉人たちの名言がおさめられた本です。あまり難しく考えずに読むことができるし、ページをめくっていると猫たちのかわいい姿に心が癒され、自分の悩みなんてどうでもよく思えてくるような元気が出る本。すべてのページを切り離せるようになっているので、お気に入りのページを好きな場所に貼っておくこともできます。

だいじょうぶ だいじょうぶ

この本は絵本ですが、かなりずっしりこころを揺さぶる一冊です。この本に何度も出てくるフレーズ「だいじょうぶ だいじょうぶ」は魔法の言葉だと思っています。自然と本当に大丈夫になるのかも、と明るい気持ちになります。昔教科書に載っていて、国語の授業で習ってから気に入り、本屋で買ったおすすめの元気が出る本。それ以降も、凹んだ時にはこの本を読むと大丈夫、大丈夫とポジティブな気持ちになれると思います。

人生を変える一番シンプルな方法

セドナメソッドという、自分の思いを手放すことによって、自分の思考が生み出している苦しみから解放されるという内容の本です。なるほどすべての苦しみは自分が生み出していることに気づくことが出来ました。どうすれば、その思考から離れて穏やかに過ごすことができるかという方法が詳しく書かれていて、とても参考になりました。

元気がでる詩の本 元気がでる詩1年生

まどみちおさんなど、著名な詩人の方の作品が46偏掲載されています。小学1年生向きの本なので文字も大きくひらがなばかりなので読みやすいです。載っている詩は優しく温かく、社会人生活に疲れた大人の疲れた心にじんわり響きます。子供向きだとバカには出来ず、眺めているだけでリラックス出来て気持ちが楽になり、元気になれる一冊です。

「心が凹んだとき」に読む本

心理カウンセラー心屋仁之助さんの本です。落ち込んだ時によく読み直しをしているおすすめの1冊です。前向きに無理なく生きるヒントがたくさん紹介されています。仕事で大失敗をしてしまった時や、人間関係に悩まされている日々等、様々な悩みがあると思いますが、この本を読み終えた時、この本を読むと気持ちの切り替えができると思います。落ち込んだ時におすすめの元気が出る本。

元気が出る50の言葉

落ち込んだ時に心にスーッと染み込むような温かい言葉とエッセイが1ページごとに納められているサプリメントのような本です。落ち込むと考え方が偏りがちになりますが、そういった凝り固まった頭と気持ちを楽にしてくれます。難かしい言葉はなくシンプルで読みやすい文体で、だからこそ心に響きます。パワーがみなぎるというより、じんわり、ゆっくり前向きになれるような、おすすめの元気が出る本です。

科学的に元気になる方法集めました

「背筋を伸ばして堂々と歩くと気持ちが積極的になり、さらにストレスホルモンが減少する」「20〜30分のマイクロスリープで能力が睡眠前よりも34%向上する」など、世界中で行われている実験の結果から、元気になる方法をピックアップして紹介した一冊。元気が出る本のまとめ記事には欠かせない本。

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)

タイトルからなかなかにインパクトがあるこの本、とにかく笑いたいときにお勧めしたいです。文の一つ一つがユニークで巧妙、思わず吹き出してしまうことも何回かありました。独特の世界観と味のある文章に没頭することがきますし、自伝なのかフィクションなのか曖昧な所も味があります。笑って元気になりたいときにぜひ読んで欲しい、おすすめの元気が出る本です。

怒らない 禅の作法

怒らない方がいいと思っているものの、どうしても怒ってしまう人におすすめの本です。本書では、怒らない人になる禅の習慣として43の具体例が挙げられています。また、自分への怒り、家族や周囲への怒り、仕事での怒りに関する質問に対する回答も掲載されています。

個人的には、「常行一直心(つねにいちじきしんをぎょうず)」という禅語が心に残りました。その言葉は、真っ直ぐな心、清らかな心で、目の前の物事に打ち込むという意味で、そうした中から物事に動じなくなる姿勢が養われていくと思われました。

願いは、ぜったい叶うもの!

今の自分が受け入れられなかったり、将来に不安を抱いていたり、現状を打破したい人におすすめしたい元気が出る本です。この本を読むことで自分がどうなりたいのかを客観視できるだけでなく、きっとうまくいくという前向きな気持ちに切り替えることが出来ます。その具体的な方法と思考法が丁寧に説明されていますので、多くの人が救われる内容だと思います。

吾輩は看板猫である

店番が仕事の猫をテーマにしたフォトブックです。著者である梅津有希子氏みずからの足で探し出したお店らしく、自分でも実際に行ってみたいという活力になります。昭和レトロな店が中心なので猫が大好きという人にはもちろん、風景写真集としても完成度が高いです。疲れたときや落ち込んだときなどにこの本を開くと心穏やかになります。

幸せの順番

人生が上手く回らない方へおススメの一冊です。幸せになるためには、やるべきことの順番があることを明確にしています。人生の方向性を見失った方へ、ピッタリのアドバイスとすぐに実行できる術を教えてくれます。自分の幸せは自分で決めるもので、けして他人が決める訳ではありません。自分の考え一つで幸せにも、不幸にもなることをわかり易くまとめたバイブルです。

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

現在は日本を出てシンガポールに移住されている元政治家・田村耕太郎さんの著書です。現状に不満を抱きつつも日本で暮らし、未来により良い展望を抱こうとする若者に向けて強烈なメッセージを放っています。夢を抱くこと、勉強すること、沢山の経験を積み視野を広げることの大切さを説いてくれて、若者のみならず中年の人が読んでも自分の可能性を広げようという気になる本です。一生懸命生きるってこういうことなんだな、と思わせてくれる元気が出る本でした。

好奇心を“天職”に変える空想教室

TEDで有名な植松努さんの著書。自分の好きを大切にすることの大切さを改めて感じられる一冊です。本書の中で語られる「小さな自信を持てればやさしくなれる」という考え方にとてもグッとくるものがあります。自分の夢や目標を周りの人から否定されてゆらいでいる。なんて人がいたらぜひおすすめした元気が出る本。背中を押してくれます。

むなしさの正体 正しい幸せの求め方

元気がない時というのは、とてもむなしいものではないかと思います。そんな時にこの本を読むと、心の中の泉から元気がこんこんと湧き出るような気持ちになります。むなしさとは何かを知り、それを認めることがありまのままの自分を肯定することにつながる。また、認めたあとは、どのように付き合っていくかを知り、そうすることによって満たされるという感覚を味わっていくことができるようになる元気が出る本です。

明日いいことが起こる夜の習慣

夜寝る前に何だかもやもやしてして眠れない時に、すーっと気持ちが落ち着いて元気になるような方法が50個書かれている本です。それらの方法の中で、「今、まだ働いている人を、思い浮かべよう。」という言葉があります。この言葉を目にすると、今自分がどんなに苦しい思いを抱えていても、これから布団に入って、ゆっくり体を休めることができるというありがたさを実感するとともに、今仕事をしている人への感謝の気持ちが生まれます。

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

宇宙の真理と愛について、子供目線でやさしく書かれた本です。自分とは?何のために生きるのか?宇宙とは何か?の疑問が一度に解決できます。日々のもやもやや忙しさにいっぱいいぱいになった時に読み返すと、また新たな気持ちになり、とても元気が出ます。全世界で翻訳されている、おすすめの元気が出る本。

遺伝子スイッチ・オンの奇跡

家事や子育て、仕事と毎日忙しく働いていた主婦が、突然ガンと宣告され、手術不能で余命1か月を言い渡されます。つらい治療で絶望感に打ちひしがれている時、ある1冊の本に出会い感動しました。その本には『眠っている95パーセントの遺伝子をオンにすることで、どんなことでもできる』。彼女はすぐに実践し、結果奇跡的にガンが消えてしまいました。ガンを克服した後、人の為に生きる彼女の姿にも感銘を受ける、おすすめの元気が出る本です。

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント

人気漫画家である西原理恵子さんが波乱万丈な人生の中で培った処世術で、一般人のあらゆる悩みに答えるエッセイです。基本的に「サイバラ節」で投稿者の悩みをバッサリと切り伏せますが、ときには母親のような優しさで包み込むような言葉をかけたり決して毒舌だけではない愛情を感じます。小難しい指南書より読みやすいので人生に生きづらさを感じている人におすすめの元気が出る本です。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

どうして人間関係が悪化するのか原因と解消法を分かりやすく解説してくれています。上司や同僚との関係性など自分が抱えている悩みと重なることもあり目からウロコでした。この本に書いてあることを実践できれば人生観が変わるかもしれません。ストーリー仕立てで非常に読みやすいので人間関係にストレスを抱えている人におすすめの元気が出る本です。

人生の悩みが消える自問力

本書は、何らかの悩みを抱えていて日々の生活に充実感を持てないでいる人におすすめの元気が出る本です。本書によると、人間は1日に3万回から4万回も自分に質問し、自分に答えているそうです。その質問を変えることによって、質問への回答も変わり、実現したいと思っている本当の希望を知ることができます。そして、それが行動を生み、成果にもつながっていくとされています。

小さな幸せ46こ

何気ない日常の中に隠れている小さな幸せを描いたエッセイです。本当の幸せとは、些細なことの積み重ねでできているんだと気づかせてくれます。幸せに感じられるかどうかは自分の気持ち次第で、目線を変えてみればたくさん見つけられるはず。足元の小さな幸せに目を向けて、日々を大切に行きていこうと前向きにさせてくれる一冊です。

こころのふしぎ なぜ?どうして?

大人でも困ってしまう、子供のどうして?に答えを出してくれる子供のための本です。でもこれが、奥が深くてごめんなさいを言う理由や、人と仲良くなるにはどうしたらいいのかなど、大人が読んでも良い内容です。落ち込んだとき、夫婦げんか、心が枯渇しているとき、優しくなれないときなど、書いてある答えがすべてではなく、自分がそこからヒントをもらうつもりで読んでみたい、おすすめの元気が出る本。

がんばり屋さんのための、心の整理術

この本は仕事の人間関係、仕事に向いていないのかなあと人生がうまく行っていなかった私が書店で目にして手に取った本です。本の帯に「つい、がんばりすぎてしまう、あなたの心がパンクする前に。」と書いてあり、これ、私のことかも。と感じました。なのでこの本は真面目に仕事、家事、育児を頑張りすぎてしまうあなたに是非おすすめしたい元気が出る本です。作者の井上祐之さんは歯科医でありながらセラピストでもあります。この本を読んで今にもパンクしてしまいそうなあなたの心が少しでも整理されるといいと思います。

何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ

著者の岩崎一郎さんは、京大医学部を卒業後、アメリカで脳科学の研究をされていた方です。彼もまた自分のコミュニケーション能力不全やネガティブな姿勢に悩み、脳科学の理論を用いて実験実践し、コンプレックスの解消に努めたとか。そこでの経験や最先端の脳科学の研究でわかった事実が多数収められているのが本書。

何をやってもうまくいかない等、悪い習慣や自己嫌悪館を抱くのは脳の仕組みが原因だと提言し、誰でも簡単にできる方法でその解決策を提案しています。元気が出ないからって問題から逃げるのではなく、自分が抱えてる悩みに立ち向かえるヒントをくれる、前向きに元気が出る本です。

運命上昇! 何をしても幸せになっちゃう方法

ダメな自分を責めなくても良いし、ダメな自分でも価値あるものだし、そんな自分をそのまま愛することで次第に運気がアップして明るい未来へ続いていくという、楽天思考にしてくれる本です。読んでいるだけで明るく軽い気持ちになります。少しでも落ち込むことがあるような時にはこの本を開いて元気をもらって、また頑張ろうと思えるようになります。

恋にがんばりすぎてしまう、あなたへ

カウンセラー作家の宇佐美百合子さんの本で、宇佐美さんは、たくさん本を書かれてますが、この本が一番わたしはおすすめです。疲れ切ってしまった時や、悲しくて涙が出てしまいそうな時、燃え尽きてしまった時…そんな時やそんな人にぜひ読んでほしい本です。元気がなく落ち込んでた友達2人(女性1人と男性1人)にもこれまでに買ってプレゼントしています。ほんわかとしたイラストにも癒される、元気が出る本です。

私がわたしになれる本

南カリフォルニア在住のカウンセラー、テリー・コール・ウィッタカーさんの本です。人生につまずき、悲しみのどん底にいた時に、たまたま出会った本です。自分が分からなくなって、この先どう生きていけばいいのか…そんな辛い時に助けてくれました。とても大切にしている本なので、これまでに何度も繰り返し読んでいますが、そのたびに、元気づけてくれて、勇気づけてくれて、気持ちをラクにさせてくれる、おすすめの元気が出る本です。

絶対泣かない

仕事に疲れ、恋人に振り回され、家族に悩みながら生きる現代の女性達。全ての女性が「これ、私のことかも・・・」と思ってしまうような内容。つらいことはたくさんあるけれど、最後には気持ちに整理がついてほんのちょっとだけ解決の糸口が見つかる。自分の人生が嫌になってしまった女性が前向きになれるように、そっと背中を押してくれる、おすすめの元気が出る本です。

自分の価値に気づくヒント

全ての人が必ず持っている価値を教えてくれる本。あなたがいる事がどれ程人の役にたっているか、考え方ひとつで自分に自信を与える事が出来る、自尊心を高めていく事で見えてくる未来が変わってくる事、そんな事を優しい言葉で教えてくれて、自分を前向きに見つめ直すきっかけになれる一冊です。

今の自分を変えたいけど自尊心の高め方が分からない、自分には何も良い所がない、人に良い影響も与えられない、生きてる価値がない、なぜ自分はこんなダメな人間なんだ、などこれからの自分の人生を前向きに考えられなくなってしまっている方に読んでもらいたい、おすすめの元気が出る本です。

だから、あなたも生きぬいて

10代の頃、いじめを苦に自殺を図り、極道の妻になった著書。養父に勧められ弁護士の資格を取るという内容の本ですが、人の弱さも強さも組み込まれた本です。2000年発行の本ですが、現代社会でも取り上げられている問題ばかりで、多くの人の心の空っぽを埋めてくれる本だと思います。

本好きにオススメのKindle Unlimited

【元気が出る本】おすすめの女性エッセイ本12選

さて、本記事では元気が出る本について編集部のおすすめをピックアップしてきました。参考情報として、本好き・読書好きの方にはAmazonの提供するKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)がオススメです。

Kindle Unlimitedは、月額980円で好きな本が読み放題となる嬉しいサービスです。初回30日間の無料トライアルも可能ですので、元気が出る本をはじめ、読書が趣味の方にもオススメのサービスとなっています。日常的に本をたくさん読むという方は、試しにチェックしてみてはいかがでしょうか。

無料トライアルをチェックする

 

おわりに

以上、元気が出る本おすすめ紹介!人生・仕事・恋に疲れた時にぜひ。についてでした。日々頑張って生きる中で、心がくたびれた時、どこか虚しやさ寂しさを感じた時、そっと背中を支えてくれるような本との出会いになっていれば幸いです。今後も、手に取ることで元気が出るような本に出会った際は、こちらの記事に追記していきたいと思っています。

今回ピックアップしたオススメの本

  1. 十二番目の天使
  2. 「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ
  3. 手紙屋
  4. 笑う人には福来たる 「幸せ」が集まってくる5つの習慣
  5. 夢をかなえるゾウ文庫版
  6. ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
  7. ボールのようなことば。
  8. 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
  9. 嫌われる勇気
  10. そして生活はつづく
  11. 魂の退社
  12. さよなら私
  13. ドラことば心に響くドラえもん名言集
  14. 世界一簡単!「ストレス」と上手につき合う方法
  15. ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
  16. 自分に「ちいさな奇跡」が起きる本
  17. 人生ドラクエ化マニュアル
  18. 気にしない練習
  19. 頭の中身が漏れ出る日々
  20. ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?
  21. だから、そばにいて
  22. 人生はニャンとかなる!明日に幸福をまねく68の方法
  23. だいじょうぶ だいじょうぶ
  24. 人生を変える一番シンプルな方法
  25. 元気がでる詩の本 元気がでる詩1年生
  26. 「心が凹んだとき」に読む本
  27. 元気が出る50の言葉
  28. 科学的に元気になる方法集めました
  29. きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)
  30. 怒らない 禅の作法
  31. 願いは、ぜったい叶うもの!
  32. 吾輩は看板猫である
  33. 幸せの順番
  34. 君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?
  35. 好奇心を“天職”に変える空想教室
  36. むなしさの正体 正しい幸せの求め方
  37. 明日いいことが起こる夜の習慣
  38. アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
  39. 遺伝子スイッチ・オンの奇跡
  40. 生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント
  41. 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  42. 人生の悩みが消える自問力
  43. 小さな幸せ46こ
  44. こころのふしぎ なぜ?どうして?
  45. がんばり屋さんのための、心の整理術
  46. 何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ
  47. 運命上昇! 何をしても幸せになっちゃう方法
  48. 恋にがんばりすぎてしまう、あなたへ
  49. 私がわたしになれる本
  50. 絶対泣かない
  51. 自分の価値に気づくヒント
  52. だから、あなたも生きぬいて

この本おすすめだよ!という元気が出る本があれば、ぜひぜひお寄せいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。なお、元気が出る関連については、下記の記事も合わせてチェックしてみてくださいませ。

元気が出る映画まとめ!仕事や人生に悩んだ時にオススメの映画43選 元気が出る曲111選!疲れた時に聴きたい元気になる曲おすすめまとめ 【元気が出るプレゼント30選】エールを送りたい時におすすめ! 元気が出る絵本オススメ12選【友人知人へのプレゼントにもオススメ】