宇宙兄弟の名言まとめ!夢を応援してくれる言葉

こんにちは。宇宙兄弟というコミックを知っていますか?幼い頃にUFOを発見した兄弟が宇宙飛行士になるという夢を叶える姿を描いたコミックです。

夢を持っている人、今まさに夢を追いかけて走っている人、そしてかつて夢を持っていた人、全ての人の背中を押してくれる。そんなコミックです。

utyu

僕は宇宙兄弟に出会ってたくさんの元気や勇気をいただきました。そこで、こちらの記事では宇宙兄弟の中に出てくる名言、元気が出る言葉や勇気をくれる言葉をピックアップしてご紹介させていただきます。

2016年8月現在28巻まで単行本が出ているので、10巻ずつに区切ってご紹介させていただきます。

[adsense]

宇宙兄弟の名言(1〜10巻)

それではまず、宇宙兄弟1巻〜10巻に出てくるグッと来るセリフ、名言をピックアップさせていただきます!

今のあなたにとって・・・一番金ピカなことはなに?

宇宙兄弟1巻にて、改めて宇宙飛行士を目指すかどうか迷っているムッタに対してシャロンが投げかける一言です。

もし諦め切れるんなら、そんなもん夢じゃねぇ

宇宙兄弟2巻にて、うじうじして勝負から逃げているムッタに対して弟のヒビトが発する一言です。

悩むなら、なってから悩みなさい

宇宙兄弟3巻にて、こちらも悩むムッタに対してシャロンがかける一言です。シャロンはいつもムッタの心をほぐしてくれます。

知りたいことのおおよそ半分はネットや本で調べればわかることだ。どこにも載っていない「もう半分」を知るためには・・・自分で考えだすか、経験するしかない。

宇宙兄弟4巻にて、試験中にケンジが仲間に話す言葉。このセリフは次の様に続く・・・「例えば・・・『白いジグゾーパズルを完成させた時の気持ち』なんてどこにも載ってないだろ。誰かに聞いたとしてもそれで知ったことにはならない。それが知りたくなったら・・・自分でやるしかないよ。」

たいていの飛行士は”YES”と答えるけどな、口では何とでも言える。薄っぺらい”YES”だ。死ぬ覚悟なんていらねえぞ。必要なのは”生きる覚悟”だ。”NO”と言えるやつがいたら、そいつは信じていい。

こちらは宇宙兄弟6巻にて。アズマがかつてブライアンに言われたセリフを回想しているシーン。

そうだな。世の中に”絶対”はないかもな。でもダイジョブ。俺ん中にあるから。

宇宙兄弟11巻。かつてムッタが宇宙飛行士になるという夢を諦めそうになる中、弟のヒビトは一心不乱にその夢を追いかけていた。ムッタが夢の壁の高さを諭そうとした時にヒビトが返したセリフ。個人的に大好きな一言。

「空」は誰のもんでもない、「人生」は自分のもんだ。人生はコントロールが効く。

宇宙兄弟11巻。ヒビトのフライトを見送るムッタに対してデニール・ヤングが投げかける一言。こちらも背中を押してくれる名言。

宇宙兄弟の名言(11〜20巻)

続いて宇宙兄弟コミック11巻〜20巻の名言をピックアップさせていただきます!

1位と最下位の差なんて大したことねーんだよ。ゴールすることとしないことの差に比べりゃ。

宇宙兄弟11巻。砂漠地帯でのレース中にムッタが体調を崩し、チーム一丸となってゴールを目指すシーンにて。このセリフはつい忘れがちになっている大切なことを言い得た名言。

失敗を知って乗り越えたモノなら、それはいいモノだ。

宇宙兄弟11巻。少しセンテンスが長いので全文はこちらに→「モノ作りには・・・失敗することにかける金と労力が必要なんだよ。いい素材使ってるモノがいいモノとは限らねえんだ。だけど、失敗を知って乗り越えたモノなら、それはいいモノだ。」

俺の敵は、だいたい俺です。

宇宙兄弟11巻。ビンスに「君の敵は誰か?」と聞かれてムッタが答えたセリフ。宇宙を目指す者はみんな仲間、敵がいるとするならそれは「諦めようとする自分自身」。

人生は短いんだ!テンションの上がらねえことにパワー使ってる場合じゃねぇ!

宇宙兄弟11巻。ピコとビンスがかつて親友のリックを失くした時、宇宙への夢を追いかけることを誓った言葉。

ネクタイを締める理由なんてのは1コしかねぇ。仕事が無事に終わった後に”緩める”ためだ。

宇宙兄弟12巻。名言というよりも渋さ抜群のセリフ。ヒビトたちを乗せた帰還船が無事に着陸することを願うピコが正装する際につぶやくセリフ。

個人の願いが集まって・・・”みんなの夢”って呼べるようになったら、それはきっと叶うわ。

宇宙兄弟12巻。月面天文台を建設する企画を持ち込むシャロンが飛行機の中で話すセリフ。夢を応援する宇宙兄弟らしい名言。

It’s a piece of cake

宇宙兄弟13巻。It’s a piece of cake!意味は「楽勝!」。シャロンがムッタに教えた魔法の言葉。

ワシらは死ぬまで生きるだけだ。コントロールが出来る限り、自由に飛び回るだけだ。

宇宙兄弟13巻。ムッタとの飛行訓練中にヤンじいがムッタに残す言葉。死ぬまで生きるだけ、という言葉がグッときます。

大事なのは”できる”という経験を得ること

宇宙兄弟15巻。パニック障害に陥ったヒビトはロシアで復活のための訓練を行う。その際にヒビトを支えてくれるイヴァンからの言葉。

リーダーというのはやはり、安心と興奮を同時にくれる。

宇宙兄弟18巻。個人的に大好きなセリフで、ムッタたちCESのバックアップクルーメンバーがバラバラでまとまらない中、キャプテンのエディが姿を見せた瞬間にムッタが感じた安心と興奮を表した言葉。

[adsense]

宇宙兄弟の名言(21〜28巻)

続いて宇宙兄弟コミック21巻〜28巻の名言をピックアップさせていただきます!

使える脳みそは全部使っとけ

宇宙兄弟21巻にて。1億ドルの予算削減プランの提案を迫られ四苦八苦するムッタに対してピコがかける言葉。

「それを貫き通せ」っちゅうことやな

宇宙兄弟23巻。中学生時代のアルバムを見る古谷やすしに対して馬場先生が投げかける一言。

「中学時代のこーいう文章なんかで書いた”将来の夢”とは、違うことやってる人の方が多いやろほとんどの場合。まぁそれが普通やで。人は大人になるにつれていろいろ出会ったりして変わっていくもんや。でもやっさんみたいに変われへんかったもんは「それを貫き通せ」っちゅうことやな。」

夢のドア

宇宙兄弟23巻にてブライアンがティーンエイジャーに向けて演説で語る「夢のドア」についての名言。やや長めです。

人の人生にはいくつもの”夢のドア”がある。

人は例えば『宇宙へ行く』みたいな大きな夢を持った時、目の前に現れたバカでかいドアに萎縮して、向こう側へ行くことを諦めちまう。

「開けられるわけがない」ってな。だがビビることはないんだよ。

本当ははじめから、そんな”バカでかいドア”なんてものはない。

小さなドアがいっぱいあるだけだ。

“成長のドア”
“発見のドア”
“勝利のドア”
“賞賛のドア”

他にもいろいろ見つかるだろう。

そしてその小さなドアを開けるたび、君らの夢がひとつずつ叶っていくのがわかるはずだ。

鼻クソみたいなスピーチだが最後まで言わせてもらうぜ?

ボウズ、君らにはそのためにやるべきことがある。

手探りでも何でもいい

意地でも次のドアに手を伸ばし続けることだ。

そんなことしてる間に、

気づいたら宇宙遊泳とかしてるかもよ?

人は誰かに”生きる勇気”を与えるために生きてるの

宇宙兄弟24巻、僕の大好きなシーンです。シャロンがムッタの幼い頃に伝えた「生きる意味」。生きる意味って何なんだろうって考えることって僕にも良くあります(ネガティブではなく)、でも考えても中々その答えって出てこなかったんですけど、このシーンでピンときました。名言であり、僕の価値観を形成してくれた大切な一言。

そんななつもりはなくても人はね、
誰かに “生きる勇気”を与えるために生きてるのよ。
誰かに勇気をもらいながら。

隠すなよ、心で祈ってたって叶うもんじゃないだろ

宇宙兄弟25巻。ヒビトが昔、ムッタに言った一言を思い返す回想シーン。まっすぐに夢を追いかけ続けたヒビトだからこそ言える一言。心に刺さります。

人の心を感じられるものに、人は癒される。

宇宙兄弟26巻。何にも存在しない宇宙空間において心の癒しとなるのは「美しい景色」ではなく、人の心の感じられるものだ。と語るエディの一言。

男なら、親父より楽しめ。

宇宙兄弟26巻。宇宙空間にいるムッタに父が送ったビデオレターでん一言。シンプルだけど響く。

泣いてもいいのは、悲しくて仕方ない時と、嬉しくて仕方ない時だ。

宇宙兄弟27巻にて、セリカが幼い頃に父から言われた一言。悔しかったり、恥ずかしかったりという理由で泣いてはいけないというもの。踏ん張りたい時に力をくれる一言ですね。

人の悪口を不特定多数に向けて発信する人は”暇人”

宇宙兄弟27巻にて。セリカの問題騒動の際、騒ぐ世間に対して文科省がJAXAに対して実験中止を申し立てる。そこでJAXA側から文科省に返したセリフがこのセリフ。気持ちの良い名言。

我々は世間の誹謗中傷やクレームのようなものをいささか気にしすぎてはないでしょうか。

人の悪口というのは
仲間内で言う人は”凡人”
口に出さない人は”賢人”
不特定多数に向けて発信する人は”暇人”ですから。

おわりに

宇宙兄弟の名言についてでした。宇宙兄弟はリーダー像の参考になる、などの声もあったりしますが、僕としてはやっぱり夢を応援してくれるコミックだと思っています。

ぜひ一度読んでみてください!

映画「宇宙兄弟」について

そしてこの宇宙兄弟は映画にもなっています。

名言とすると短いセリフの一部分を切り取るだけに過ぎませんが、宇宙兄弟には決して端的には切り取ることのできない、心が暖かくなるシーン、勇気をもらえるシーンがたくさんあります。そんな宇宙兄弟の世界観をぜひ映画でも体験してみたください!

また、映画「宇宙兄弟」についての感想・レビュー記事も以前に書いているので、よければこちらもご覧ください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

よければこちらも合わせてお読みください。
関連記事のIDを正しく入力してください