恋したくなる!おすすめの恋愛小説

おすすめの恋愛小説

こんにちはMIYALOG編集部です。本日は恋したくなるような恋愛小説についてピックアップしていきたいと思います。

ちょっとした時間に本を読むのが好き、今なんとなく恋愛小説を読んで世界に浸りたい。という方はぜひぜひチェックしてみてください。

[adsense]

オススメの恋愛小説

勝手にふるえてろ


この本の詳細を見る

主人公は一人暮らしのOL。彼氏いない歴イコール年齢の処女。会社の同僚にアプローチされているけれど中学生の頃の初恋の相手が忘れられない。どうしても彼に会いたくて同窓会を企画しますが…。最後まで主人公がどちらの男性を選ぶのか予想がつかなくて面白い恋愛小説です。彼氏がいたことがないのに変なところで見栄を張ってしまう主人公が微笑ましい。こんな恋の形もあるのだなと思わせられます。

植物図鑑


この本の詳細を見る

2016年に映画化されたことで注目を浴びた作品。阪急電車などで有名な有川浩さんが綴る恋の物語。ある日突然目の前に現れた謎の男の子と恋に落ちるというベタベタな恋愛小説。あまーい展開にモゾモゾするかも?ベタな物語が好きな人におすすめの恋愛小説。

放課後の音符(キイノート)


この本の詳細を見る

普段小説を読まない人でも読みやすいです。短編の恋愛小説がいくつか描かれており、各お話それぞれに読者がいろいろ考えさせられる作品です。一度見てからそれで終わりではなく、手元に残しておき何度も読みたくなります。様々な恋の形が描かれているので、私だったらどうするだろうと考えさせられます。本を読む時間がない人にもお勧めです。

神様のボート


この本の詳細を見る

いつか帰るという言葉を信じて待ち続ける母親の思い、母の姿を見続けていた娘がその歪んだ異常性の狂気に気づいた時の思いなど、母・娘それぞれの視点での回想が垣間見えるところが読んでいて引き込まれます。物語の結末が読者の受け取り方によってハッピーエンドかバッドエンドか意見がわれそうな結末なので、その後の展開をついつい思い描いてしまいます。自分の想像力が豊かになるような、オススメの恋愛小説。

すべて真夜中の恋人たち


この本の詳細を見る

フリーランスとして校閲の仕事をする「私」は人と関わることがとても苦手な女性です。お酒を飲んでいないと人と話せないほどの、苦手ぶりです。しかしそれを乗り越えようとある日勇気を出した「私」が一人の男性に出会い、恋におちる恋愛小説です。

錦繍


この本の詳細を見る

芥川賞作家・宮本輝による『錦繍』は、離婚した男女が偶然十年ぶり再会するお話です。この小説は二人の手紙のやり取りという形で書かれています。男女の肉声が鮮やかに聞こえてくる、哀しくも美しいロマンスです。

天使の卵―エンジェルス・エッグ


この本の詳細を見る

満員電車の中で一目惚れした年上の女性は父の主治医である精神科医で、実は付き合っている彼女の実姉だったという偶然の出会いが必然であったような運命的なもので、それぞれの葛藤を描きながらも互いに惹かれあっていく純愛ストーリーです。著者である村山由佳さんのベストセラーで、実写映画化もされ話題になった恋愛小説です。

きらきらひかる


この本の詳細を見る

人気恋愛小説家、江國香織さんの初期作品です。本作品で描かれるのは、アルコール依存性の妻と同性愛者の夫とその恋人の男性という一風変わった三角関係です。弱さを抱えながらも、芯は強い人たちが生きて行く様子に勇気付けられるおすすめの恋愛小説。

[adsense]

おわりに

以上、恋したくなる!おすすめの恋愛小説についてでした。恋って本当に、人生を彩ってくれる素敵なものですよね。本記事につきましては、今後も随時オススメの恋愛小説を追記していきたいと思っておりますので、またぜひ時間をあけて読みに来ていただけると嬉しいです。

[aside type=”normal”]ピックアップしたオススメの恋愛小説
・勝手にふるえてろ
・植物図鑑
・放課後の音符(キイノート)
・神様のボート
・すべて真夜中の恋人たち
・錦繍
・天使の卵―エンジェルス・エッグ
・きらきらひかる[/aside]

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

関連記事:恋の勉強になる!おすすめの恋愛本20選