元気が出るドラマ!おすすめ21選

元気が出るドラマ

こんにちはMIYALOG編集部のみやもです。本日は元気が出るドラマについて書いてみたいと思います。

本ブログでは「元気が出る映画」の記事がたくさん読まれていますが、ドラマも見ていて元気をもらえる作品がたくさんありますよね。

映画よりも尺が長いため、深い部分や細かい描写まで描く事ができます。時間があれば私もドラマの世界にどっぷり浸かってみたいななんて想う今日この頃です。

[adsense]

元気が出るドラマ

それでは早速「元気が出るドラマ」をピックアップしていきたいと思います。基本的にはDVDレンタル・販売が開始しているものをピックアップしています。(順番には深い意味はありません。)

エジソンの母

わたくしみやも自身がこれまでの人生で観てきた中で一番好きなドラマ「エジソンの母」。何事にも好奇心旺盛で「どうして?」「どうして?」と学校の先生を悩ます主人公は問題児として扱われる。そんな息子を愛し、信じ、守り続ける母親の姿に感動します。これを観ると明日から自分も頑張ろう!という元気が出るドラマです。最終話の終わり方も大好きで、大人も子どもも楽しめる作品です。

曲げられない女

とにかくまっすぐな女(菅野美穂)が不器用ながら、周りの人と少しずつ歩み寄って進んでいく姿にほっこりします。人に合わせるのがいいとされがちな世の中で、自分の意志を持って、その意志を曲げないで進める強さがあることにうらやましさを感じながらも、一方で他人を受け入れる必要性も感じました。あそこまで、曲げずにいられることに自分だってまだまだ突き通しても大丈夫だと自信が持てる気がしました。

Dr.コトー診療所

東京の大学病院に勤めていた優秀な医師、五島健助(吉岡秀隆)が古志木島という離島の診療所に赴任。今まで良い医者に恵まれなかった島民に最初は総スカンを食らうものの、五島の穏やかで気さくな人柄がゆっくりと受け入れられて行く過程がとても暖かく描かれています。原作は山田貴敏さん作のマンガです。原作のイメージそのままの爽やかな映像、そして各キャラクターの面白さ、活き活きとした力強さにとても元気が出るドラマ。

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

石原さとみ主演の出版社の校閲部が舞台のドラマです。校閲部と聞くと、正直よく分からないし、タイトル通り地味そうと思いましたが、石原さとみがすごく可愛いです。石原さとみ演じる河野悦子がすごく元気なキャラで、怒られてもミスしても全然へこたれない、むしろ解決して、周りの人間も巻き込んでドンドン前に進んでいくドラマです。毎回石原さとみ演じる河野悦子が元気で、見ているこちらまで元気が出るドラマ。

anego

篠原涼子が演じる野田奈央子は、大手企業に勤めるキャリアウーマンで、30過ぎて独身という状況の中一生懸命生きていくドラマです。後輩の面倒を見ることが多く姉御肌な彼女ですが、実は弱い部分もあったりします。私は落ち込んでいる時など、よく見ていました。

明るく周りの面倒をよく見る主人公を見ていると、自分もこうなりたいなと思えて、明日からまた頑張ろうと思える、元気が出るドラマです。とにかく主人公の篠原涼子がかっこいいし、赤西仁もとても可愛らしい後輩を演じていて、ドラマにどんどんひきつけられる元気が出るドラマ。

のだめカンタービレ

二ノ宮知子の同名漫画が原作の、言わずと知れた大ヒットドラマです。原作の世界が完璧に再現されており、各キャラクターやクラシック音楽の魅力に惹きつけられるうちに元気が湧いてきます。とくに主人公のだめの天真爛漫な姿を見ていると、自分もこんな風に大胆に生きてみたい!とラフな気持ちになれます。ラブコメディなのでキュンキュンしたり、笑い転げたり、感動したりと楽しさ満載でオススメの元気が出るドラマです。

池袋ウエストゲートパーク

見たら元気になるドラマは池袋ウエストゲートパークです。このドラマはトキオの長瀬が主役のチーマーのドラマで、今では懐かしい坂口憲次や窪塚洋介など豪華な面々がチーマー同士の抗争ありギャグあります。このギャグもその時代に流行ったやつで今観てもクスっとくるもので、テンションが上がらない時に観ると元気が出るドラマです。

電車男

元気がない時に観て元気が出たドラマは電車男です。このドラマはインターネットの電子掲示板から生まれた物語で伊藤淳史演じるオタクがエルメスという女と距離を次第に縮めくドラマで現にこんな奴等おるわーっと思わせてくれてよく笑った覚えがあり、その友人役の劇団ひとりもいい味だしてて自分とは無縁の世界かもしれませんが、オススメできる元気が出るドラマです。

パパとムスメの7日間

今や視聴率女優の新垣結衣さんと渋い演技が魅力の舘ひろしさん共演作です。可愛いらしい女子高生ガッキーとおじさんサラリーマンの舘さんが入れ替わるシュチエーションがたまらなくおかしいです。ガッキーのおやじ役は可愛いけど,舘さんの女子高生は微妙にキモイ。舘さんはこんなこともできるのかと,魅力再発見。笑いの中にも,女子高生とサラリーマンのリアルが垣間見られ,とても面白いです。お気楽に見えてもみんな大変なんだな…。と実感でき,元気をもらえるドラマです。

明日があるさ

2001年に放送されたよしもと芸人が多数出演する異色のドラマ。主演はダウンタウン浜田雅功。もちろん松本人志も出ますがこちらはチョイ役。いつどんな役で出て来て笑わせてくれるのかと毎回待ち遠しくなります。舞台は総合商社トアール・コーポレーション。不況と戦うサラリーマンがパワフルにコミカルに楽しませてくれます。同名のエンデイング曲も当時大ヒットしました。元気が出るドラマ。

王様のレストラン

三谷幸喜さんの脚本で1995年に放送された連続ドラマです。松本幸四郎さんを主演とし、一軒のレストランを舞台に起こる様々な騒動を描いたコメディです。俳優さんたちは、「三谷ファミリー」とも言われる三谷さんと関わりの強いメンバーなので脚本のボケもどんどん拾います。使用されている局も素晴らしく、ドラマ放送からだいぶたっている今でもテレビでドラマ使用MEをよく耳にします。

あまちゃん

痛快なストーリー展開の中にも,グッとくる切ないメッセージが込められていて感動します。劇中のヒット曲・潮騒のメモリーの歌詞が可笑しかったり,驚いたときに口にするフレーズ「じぇじぇじぇ」が強烈なインパクトだったりして,笑えるシーンも満載です。舞台は東北で,震災やその後の復興にもふれていますがポジティブな展開なので重くならずに見られるのが良いです。個性的な登場人物が織りなすクドカンワールド。

JIN-仁-

現代から江戸時代にタイムスリップしてしまったSFを描いたドラマ。外科医の仁は江戸時代で医療器具がないのでいろんなものを工夫しながら人を助けていきます。その時代では助からないはずの命を懸命に救って行く姿に感動します。一緒に共に頑張る咲さんの健気な姿にも心打たれ、純粋な気持ちになり、いつも一生懸命な姿に自分も頑張ろう!と思える元気が出るドラマ。

ドリーム☆アゲイン

主人公は人気プロ野球選手。しかしひょんなことから命を落とします。しかしながら色々あって、他人の身体に魂が宿り、生き返ることに成功。ただ他人の身体で他人の人生を歩まなければいけないという設定に。魂が宿った身体の相手はIT会社の社長。ただ主人公は再び野球することを諦めきれず、プロ野球選手になることを決意します。必死にあがく姿を映した感動のドラマです。

僕の生きる道

主人公は高校の生物教師。いつも生徒に授業を聞いてもらえず、貯金だけをし、真面目に生きて来た主人公。しかしガンで余命1年と宣告されてしまいます。最初は受け入れられない主人公ですが、だんだんと残りの人生で何をできるか考えるようになります。明日何が起こるかわからない。だからこそ1日1日を懸命に生きる主人公に考えさせられる、そんなドラマです。

真田丸

堺雅人が主人公の真田信繁(幸村)を演じるNHK大河ドラマです。豊臣側に付いた真田信繁が徳川家康を倒そうとする物語ですが、最後まで諦めない真田信繁の姿には涙と勇気と元気をもらいました。幼少期から中年までの成長も違和感がなく気持ちよく見れました。また大勢の登場人物は強烈な個性がとても印象的で、それを脚本家の三谷幸喜が絶妙に描いていたのは流石だなと感心しました。

HERO

木村拓哉さん主演の痛快な職業ドラマです。木村拓哉さんはドラマでさまざまな職業に挑戦しますが、こちらでは検事の役柄。中卒で司法試験に合格した主人公・久利生(くりゅう)は破天荒なやり方で、正義感に突き動かされ一つ一つの事件の真相に迫ります。誰にもない個性で周囲を巻き込んでいく姿は爽快感すら覚えます。

人間関係で疲れたときなどにこれを見ると、自分の正義を貫いて、周りのことを気にしすぎずにがんばろう!という気持ちになります。主演の木村さんだけでなく、助演の方々の演技もコミカルで、明るい気持ちになります。通販大好きという設定も面白い!元気が出るドラマとして、一押しです。

ハケンの品格

主人公の大前春子が食品会社の派遣社員として淡々と仕事をこなしていきます。実は彼女、難関資格を26以上取得しているスーパー派遣社員で、契約した仕事のみを行い残業・休日出勤は一切しないという徹底ぶり。周囲の社員に対しても愛想が無く、上から目線でハッキリと物を言うため反感をかってしまうが、会社での様々なピンチには必ず救いの手をのばし窮地を脱していきます。それでも、何事もなかった様にクールな表情をしている大前春子が何とも爽快で格好いいです。

人にやさしく

香取慎吾、加藤浩次、松岡充が、今でいう、部屋をシェアしている同居状態の中、自分の子供でない子供を預かり、子育てしていくというドラマです。背景には、子供の親が関わった事件があり、刑事ごとも少しからむのですが、基本的にはホームドラマのような温かさがある内容です。「スリーピース」を合言葉に、互いの熱い気持ちをぶつけあい、人の温かみを感じられるような、元気が出るドラマです。

ナースのお仕事

白衣の天使には憧れるが、結構おっちょこちょいなナースもいるのかもしれない。新人の頃は誰でもそうだったことを忘れているもの。一生懸命だけど、おっちょこちょい。恋愛もしたいしオシャレもしたい普通の女の子だもん。元気いっぱいのナースのお仕事をコメディ化したドラマ。先輩ナースの子育てに巻き込まれるところもオススメです。

マイ★ボス マイ★ヒーロー

TOKIOの長瀬智也さんが主演の昔のドラマですが、とにかく笑えます。ヤクザの若頭役の長瀬智也さんは、20代後半なのですが、小学生レベルの知能しかなく、高校生のふりをしまして、高校に入学するコメディです。出演者も、新垣結衣さん、NEWSの手越さん等、豪華キャストです。とにかくたくさん笑え元気を貰えます。

[adsense]

おわりに

以上、おすすめの元気が出るドラマについてでした。いかがでしたでしょうか。まだまだ本記事でピックアップしたドラマ以外にも、見ていて元気が出るドラマがたくさんあることかと思います。

素敵なドラマがあればぜひぜひ教えてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。