仕事の疲れが吹き飛ぶ爽やか映画『マイ・インターン』

こんにちは。元気が出る映画の感想・レビューを綴っている宮田です。本日は仕事で疲れたなぁなんて時に観たい映画「マイ・インターン」についてご紹介させていただきます。なんとも言えないホッとした気持ちになったり、陽だまりのぬくもりに手を置いた時のような安心感を得られる映画です。明日からまた仕事頑張るぞー!という元気を注入したい時にオススメです。

▽マイ・インターン 予告編

マイ・インターン あらすじ

華やかなファッション業界で成功を収め、結婚し家族も手に入れたジュールズ(アン・ハサウェイ)。会社はどんどん大きくなっていくが、それに伴って細かいところに手が届かなくなったり、現場と経営の違いに苦しむようになる。そんな苦悩を抱えている時にやってくるのが70歳のシニア・インターンのベン。ベンはコンピューターもまともに使えず、ジェールズも最初はなんでこんな老人の相手をしなければいけないのか。とベンを邪魔者扱いする。しかしベンの豊かな人生経験の中から出てくるアドバイスはジェールズをいつも優しく包み込み、的確な道へと導いてくれる。ジェールズはベンを次第に頼るようになり、ベストパートナーへと絆を深めていく。そんな二人が壁にぶつかりながらも前に進んでいく成長の物語。

マイ・インターン 感想

観た後にこんなに元気が出る映画はなかなかない。「全部良い!と言えるような作品で、ジェールズの苦しみをいつも優しく受け入れ、待つことができて、いつも欲しい一言をくれるベンに惚れる。仕事が上手くいかない時、人間関係に疲れた時など、映画の中のベンから勇気や安心感をもらえる。男性の僕としては、ベンのような渋さと男らしさのある人間になりたいなという憧れをもくれる。

おわりに

以上、マイ・インターンについてでした。誰でも何かに疲れてしまうことってあると思います。そんな時に映画を観て元気が出たらいいなと思ってこのサイトを運営しているわけですが、その僕がおすすめできる映画がこの「マイ・インターン」です。気になった方でまだ観ていない人はぜひ!それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

よければこちらも合わせてお読みください♪
関連記事のIDを正しく入力してください