市原隼人が出演するオススメ映画4選

こんにちはMIYALOG編集部です。

先ほど市原隼人が主演の「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」という映画に関する感想・レビューを投稿しました。

こういう「THE 男子の青春ムービー」にとってイッチーこと市原隼人は欠かせない!という人もけっこういるんじゃないでしょうか。そんな僕もルーキーズをはじめ、市原隼人が演じるキャラクターが大好きです。ということで本日は、市原隼人が出演する映画をいくつかピックアップさせていただきたいと思います。

[adsense]

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

公開年:2008年

小さな村のイタズラ大好き高校生たちと、平和な街を守る駐在さんとのバトルの物語。バカな発想ばかりして駐在さんに挑んでいく姿と、イタズラの中にも仲間を思う気持ちや誰かを救いたいという純粋な気持ちを持つ高校生の姿に心が打たれる。ほぼコメディの笑い溢れる映画。爽やかな映画なのでどんなテンションの時でも楽しめる。

ROOKIES-卒業-

公開年:2009年

言わずと知れた高校野球の青春ムービーど真ん中。アツすぎてついていけないとの声も寄せられるレベルでクサくてアツい。その真っ直ぐな言葉や姿勢の数々に心を動かされた人もたくさんいるはず。この映画を観ていると、キセキって自分にも起こせるんじゃないかと思える。

ボックス!

公開年:2010年

市原隼人と高良健吾がメインを演じる、高校ボクシング部の物語。ボクシング一筋のカブ。カブを追いかけてボクシングを始めたユウ。そんな二人の想いと拳のぶつかり合いに奮起させられる。プライドの先にあるものの強さを感じさせてくれる、闘志に溢れる映画。

ホテルコパン

公開年:2014年

長野オリンピック終了後、すたれたホテル「コパン」を舞台に繰り広げられるそれぞれ訳ありの人たちの群像劇。映画全体の雰囲気は暗く、人生良いことなんてないけれど、それでも僕らは生きていく。系のタイプの物語です。筆者個人的にはシナリオやメッセージにグッとくるものがあって好きなヒューマンドラマでした。爽やか100%青春系ではない市原隼人を観れるレアな映画。

おわりに

以上、市原隼人が出演する映画についてでした。いかがでしょうか?夏になるとイッチーの出ている映画が観たくなるのは僕だけではないはず。その不器用ながらもまっすぐな姿に元気をもらえる。まだ観ていない映画があればぜひ観てみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪
関連記事のIDを正しく入力してください