岡田将生の出演するオススメ映画12選

岡田将生の出演するオススメ映画

こんにちはMIYALOG編集部です。先日、映画「何者」の原作読んだよ!という記事を書かせていただきました。「何者」にも出演している「岡田将生さん」。

ふと振り返ると岡田将生さんの出演する映画をそれなりに観ていることに気がついたので、この際にオススメまとめ記事を書いてみたいと思います。それでは早速ピックアップさせていただきます♫

[adsense]

岡田将生の出演している映画

何者

公開年:2016年

2016年10月15日公開(予定)の映画「何者」。就職活動×SNSを切り口に、「本当のことはあるのか?」という問いをくれる映画。本記事を書いている現段階でまだ公開されておらず、僕もまだ原作を読んでしかいない状態ですがすでにめちゃくちゃ楽しみです。岡田将生は大学生の中でも「自分の価値観」を大事にするタイプで、一般的な就職活動を批判し、自分の道を歩もうとするタイプの学生を演じます。

関連記事)
映画『何者』公開が待ちきれず原作を読んでみた!

秘密 THE TOP SECRET

公開年:2016年

「死んだ人間の脳の記憶を見ることができる」という設備を使って事件の真相を究明する特殊機関「第九」。そんな第九に舞い込んで来たとある案件、ごく普通の事件に思われた案件だったが、過去の事件とつながっていた。事件の真相、そして第九の過去。様々な要素が絡み合っていく。岡田将生はそんな第九に新しく就任するメンバーを演じます。

関連記事)
映画『秘密 THE TOP SECRET』の感想!怖いしグロいけどハマる!

エイプリルフールズ

公開年:2015年

一年で一日だけ嘘が許される日、エイプリルフール。4月1日、日本各地で巻き起こる「嘘」から始める物語の群像劇「エプリルフールズ」。前半はちゃめちゃ感に振り回されそうになるが、終盤にまとまっていくので安心してください(笑)。岡田将生も出てくるには出てきますが、なんせ登城人物が多いのでチョイ役感は否めません。

想いのこし

公開年:2014年

突然の事故で亡くなる4人と、生き残った男(岡田将生)の物語。この世に想いを残した人たちは成仏することができず、自分たちと事故を起こしたものの生き残っている、大して生きることに想いのない岡田将生とだけ会話をすることができる。4つのエピソードで描かれる「想い」の物語。

偉大なる、しゅららぼん

公開年:2014年

濱田岳と岡田将生がメインを務める、琵琶湖を舞台に繰り広げられる作品。琵琶湖に住む、二つの一族に代々受け継がれてきた特殊な力。琵琶湖を制するために二つの一族がぶつかるが、一つの事件をキッカケとしてドタバタコメディが繰り広げられていく。内容を深く考察しようとするより、楽にかまえて楽しみたい映画。

潔く柔く

公開年:2013年

女性から絶大な人気を誇るコミック「潔く柔く」の実写映画版で、岡田将生と長澤まさみが主演を務める映画です。一度大切な人を亡くしてもまた人を愛することができるのか?愛や恋愛、恋について漠然とした不安や悩みを抱くその心情を描き出した一本。

宇宙兄弟

公開年:2012年

人気コミック「宇宙兄弟」の実写映画版。かつて宇宙飛行士になるという夢を誓い合った兄弟。途中で夢を諦めて別の道を歩み始めた兄(小栗旬)と、無我夢中で夢を追いかけ続けて宇宙史講師になった弟(岡田将生)の物語。かつて夢を持ったことのある人へ、ふたたび夢を追いかけるのはいつからだって遅くない。夢を追うことを応援してくれる映画。

悪人

公開年:2010年

個人的に邦画の中でトップクラスに入る映画の一本。「大切な人はいるか?」と現代を生きる僕たちに大切なメッセージをくれる映画。岡田将生は、それこそthe現代の若者!という感じで人の痛みを分かろうとしない、恵まれた家庭に育つ学生を演じる。

告白

公開年:2010年

上述の「悪人」と並んで2010年の邦画を代表する一本。自分の娘を自らが担任するクラスの子どもに殺された女教師が「復讐」する、「命の重み」を教える物語。岡田将生は問題のあったクラスの担任を引き継ぐ、若くて何も分かっていない熱血教師を演じる。

重力ピエロ

公開年:2009年

伊坂幸太郎さんの原作を映画化した作品。レイプや放火、殺人といった「悪」を通して、人として大切なこと、そして生きていく上での葛藤を表現した映画。岡田将生は、レイプによって生まれた子どもの役を演じています。暗さや葛藤の中に感じるあたたかさ、こういう感情に出会えるから、邦画が好きだ。観終わった後にそう感じたおすすめの映画です。

ホノカアボーイ

公開年:2008年

岡田将生が主演を務める超ほのぼのストーリー。ハワイを舞台に紡がれる物語で、どこか切なく、でも終わった後に残るあたたかさが好きな一本。心が落ち着く映画、元気のない時にでも余裕を持ってみたい映画です。

ハルフウェイ

公開年:2008年

これはもう説明のいらない高校生×青春というテーマのどストレートな映画。高校生の頃の恋愛ってこんな感じだったよね〜って懐かしくなると同時に、新鮮な感じにキュンとする場面あり。岡田将生と北乃きいのコンビが主演を務める。

[adsense]

おわりに

以上、岡田将生さんの出演している映画についてでした。岡田将生が観たい!という感じであれば「想いのこし」「潔く柔く」「ホノカアボーイ」「ハルフウェイ」あたりがオススメです。

映画としてのメッセージ性が抜群なのは個人的には「何者」「悪人」「告白」ですね。気になる映画があればぜひぜひ観てみてください!他にも岡田将生の出演している映画を鑑賞したら、随時追記していきたいと思います。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。