お気に入りの映画の主題歌をまとめてみた。【邦画・邦楽編】

お気に入りの映画の主題歌をまとめてみた。【邦画・邦楽編】

どうもこんにちは映画大好きマンの宮田です。本日は映画の主題歌の中で、個人的にお気に入りの曲をピックアップしてみました。この曲を聴くと、映画の余韻を思い出して幸せになるような、そんな曲を挙げていきたいと想います。

補足
掲載可否の関係でYouTubeの公式チャンネルに映像がUPされている作品に絞ってピックアップしています。

<スポンサードリンク>

映画の主題歌で素敵な曲

前前前世(君の名は。)


映画「君の名は。」にて世に知れ渡ったRADWIMPSの一曲「前前前世」。君の名は。では前前前世のほか「夢灯籠」「スパークル」「なんでもないや」の合わせて4曲が採用されました。

今を生きて(横道世之介)


個人的に邦画の中で一番好きな映画「横道世之介」の主題歌となった、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「今を生きて」。この映画も、そしてこの曲も、背中をそっと押して元気をくれる存在です。決してイケイケの曲調ではないけれど、そっと心の温度を上げてくれるような、そんな一曲。

FLASH(ちはやふる)


人気コミック「ちはやふる」の実写映画の際に主題歌となったPerfumeの「FLASH」。映画も躍動感に溢れていましたが、こちらも聴くとテンションが上がってくる旅のお供のような一曲となっています。

ソビト(キセキ ーあの日のソビトー)


GReeeeN結成の裏側を描いた映画「キセキ ーあの日のソビトー」の主題歌となった「ソビト」。映画もこの曲も、清々しい青春を感じさせてくれます。前を向いて一歩踏み出したい時にオススメ。

Starting Over(バケモノの子)


ひとりぼっちのバケモノと人間の子。二人の友情と愛情を描いた大好きなアニメ映画作品「バケモノの子」の主題歌となったMr.Childrenの「Starting Over」。細田守監督の優しくて染みる世界観を支える素敵な主題歌。

可能性(ビリギャル)


誰にでもチャンスはある。挑戦することの大切さを教えてくれる映画「ビリギャル」の主題歌となったサンボマスターの「可能性」。諦めたくない、自分も何かにひたむきに向き合っていきたい時にオススメの一曲。

決意の朝に(ブレイブストーリー)


映画ブレイブストーリーの主題歌となったAqua Timezの「決意の朝に」。心にスッと沁みて、前を向くことを応援してくれるオススメの一曲。一歩踏み出したい、でも不安に押しつぶされそうになる、そんな時に勇気をくれる。

RAIN(メアリと魔女の花)


ジブリ映画「メアリと魔女の花」の主題歌となったSEKAI NO OWARIが歌う「RAIN」。いつの頃からか「虹」を見上げることが減ったように思う20代半ば。この曲を聴きと、そっと空を見上げてみようかと思う。映画・主題歌共に超絶オススメ。

フロントメモリー(恋は雨上がりのように)


人気コミックの実写映画「恋は雨上がりのように」の主題歌となった一曲。一度聴くと頭から離れなくなる曲調。そしてPVでは、主演を務めることとなった小松菜奈の躍動感ある演技を感じることができるのもオススメポイント。

瞬き(8年越しの花嫁 奇跡の実話)


幸せの絶頂期に訪れた病と戦う夫婦と、8年越しに実現する結婚式。奇跡の実話を描いた映画「8年越しの花嫁」の主題歌となったback numberの「瞬き」。映画はもちろん、この曲単体で聞いても心に染みるオススメの一曲。この曲の中で語られる「幸せとは?」に注目。

<スポンサードリンク>

おわりに

以上、お気に入りの映画の主題歌をまとめてみた。【邦画・邦楽編】についてでした。このほか、映画の主題歌でお気に入りの曲などあればぜひぜひ教えていただけると嬉しいです。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事:【元気が出る曲108選】疲れた時に聴きたい元気になる曲おすすめまとめ!

関連記事:心に残るオススメの邦画44選【#オススメ映画】

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
宮田匠

明日も頑張ろうかなと思えるような瞬間を残していきたいと思っています。映画を観たり本を読んだり、物語を感じられる瞬間が大好きです。本ブログ内の投稿は所属する組織・団体とは関係なく個人の発言です。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

宮田匠

明日も頑張ろうかなと思えるような瞬間を残していきたいと思っています。映画を観たり本を読んだり、物語を感じられる瞬間が大好きです。本ブログ内の投稿は所属する組織・団体とは関係なく個人の発言です。