オススメの恋愛小説「スプートニクの恋人」

スクリーンショット 2017-03-13 0.59.58

こんにちは!MIYALOG編集部です。本日は恋愛小説に関する寄稿記事となります。女性ライターによる、オススメの恋愛小説です。

<スポンサードリンク>

ライター情報

都内の私立大学に通う、青柳スミレです。読書が大好きで幅広く日本の作品や外国の作品を読んでいます。

私がこの作品を手に取ったきっかけは、村上春樹の作品であること、そして不思議なタイトルに興味を持ったからです。スプートニクといえばロシアの人工衛星で、犬を乗せたまま帰ってくることはなかったという逸話があります。そんなスプートニクをタイトルに含んだこの作品。もともと村上春樹の作品が好きな私は、面白いに違いないと確信し、手に取りました。

「スプートニクの恋人」のあらすじ

この物語は、すみれという女の子の恋愛物語です。小説家を目指す彼女は、22歳の春に、すみれは初恋に落ちます。その恋は激しく、地球上のあらゆる自然を破壊してしまうほどの威力を持っていました。恋に落ちた相手は「ミュウ」という名の韓国国籍を持つ女性でした。

一方主人公の「僕」はすみれの友人で、彼女の原稿を一番初めに読むほどの中です。小学校の先生でもある彼は、しょっちゅう彼女に物事を説明したりと世話を焼いています。そんなすみれの叶わぬ恋を知りながら、あまりにも素直で力強い彼女に惹かれていきます。

一方ミュウという女性も非常に魅力的で、彼女はワインの輸入業をしています。しかし出身は音楽大学で、一流のピアニストを目指していました。音楽の知識が豊富であることから、すみれと意気投合したことをきっかけにすみれと知り合ったのでした。しかしミュウにはある暗い過去があり、それ以来ピアノには一切触れなくなりました。

オススメしたい人

この小説は、村上春樹の作品に興味がある人、あるいは単純な恋愛小説に飽きてしまった人にオススメした一冊です。

村上春樹の作品は海外からも高い評価を得ています。絶えず話題になっていますが、まだ読んだことがなく、どの作品から手をつけたらいいか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に、『スプートニクの恋人』をオススメしたいです。なぜなら村上春樹色を放っていながら、読みやすい文体であるからです。

また、女性が女性に恋をするという「常識」とは違う恋愛ですが、それもそれでリアルです。初めから叶わない恋だとわかっていながら好きにならずにはいられない、その想いの強さや切なさがとてもドラマティックでした。

村上春樹のファンの方もそうでない方も、気になった方は是非手に取ってみてほしい一冊です。

▽Amazonはこちらから

おわりに

以上、オススメの恋愛小説「スプートニクの恋人」についてでした。いかがでしたでしょうか?村上春樹さんの小説は何かと注目を浴びていますよね、この「スプートニクの恋人」はまだ読んだことがなかったので、これを機会に読んでみたいと思います。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。こちらの記事もオススメです。

恋したくなる!おすすめの恋愛小説

2017.05.23

恋がしたくなる映画!オススメ恋愛映画53選

2016.10.06
Share on FacebookTweet about this on Twitter

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
合わせて読みたい記事