《在宅ワーカー向け》おすすめのクラウドソーシングサービス紹介

《在宅ワーカー向け》おすすめのクラウドソーシングサービス紹介

こんにちはMIYALOG編集部のみやもです。本日も在宅ワークに関する記事をば。

在宅ワークでは自分の仕事を自分で獲得していく必要がありますと述べました。今回は、仕事を獲得していく上で欠かせない「クラウドソーシング」について触れていきます。

在宅ワークで少しでも稼げるお金を増やしていきたいと考えている人にとって、クラウドソーシングは知っておいて損のないものかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドソーシングとは

サービスのシステム

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼し、仕事を探している人がプラットフォーム上で受託し、実践・納品するというサービスです。オンライン上で「仕事を頼みたい人」と「仕事が欲しい人」をマッチングするサービス、これが「クラウドソーシングサービス」になります。

cwnagare-1024x502

主に上記の様な流れを取ることになります。プロジェクト形式、タスク形式など用途に合わせていくつかのパターンに分かれていますが、それは別途記事を作成して説明したいと思います。

双方へのメリット

仕事を発注したい企業からすると、制作やライティングなどの業務を行うスタッフを社内に抱え込む必要がなくなり、必要な時に必要な分だけクリエイターに仕事を依頼できるというのがメリットというわけですね。

逆にクリエイターからすると個人で仕事を見つけていくことができ、双方win-winなシステムになっています。その仲介における諸々の業務を行うのがクラウドソーシングサービスであり、仲介料としてシステム利用料が落ちるという構造です。

<スポンサードリンク>

おすすめのクラウドソーシングサービス

さて、クラウドソーシングサービスとはどういうものかについては以上で、実際に仕事を獲得していく際におすすめのクラウドソーシングサービスをピックアップしていきたいと思います。

クラウドワークス

《在宅ワーカー向け》おすすめのクラウドソーシングサービス紹介

筆者が一番最初に登録したクラウドソーシングサービスであり、現在も使い続けているのが「クラウドワークス」です。サービス開始は2011年で、案件数が圧倒的に多いです。最近ではエンジニア特化のクラウドテックなど、仕事の種類に分けたサービスもリリースしています。クラウドソーシングの基本を学ぶには最適なサービスで、データ入力や比較的簡単なライティングなどをトライしてみるのに適しています。

▽クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

ランサーズ

《在宅ワーカー向け》おすすめのクラウドソーシングサービス紹介

クラウドワークスと並んでクラウドソーシング最大手のサービスになります。サービス開始は2008年と早く、日本におけるクラウドソーシングの先駆けとなったサービスです。タスク系統の作業も多く、在宅ワークに挑戦する際はこちらのランサーズ、上記のクラウドワークスのどちらかから始めるのがおすすめです。

▽ランサーズ
【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

シュフティ

シュフティ

シュフティは、その名のごとく「主婦」の在宅ワーカーを中心としたクラウドソーシングサービスで、在宅ワーク初心者の方でも取り組みやすい仕事が多いです。また、スキルテストやライティング講座などのeラーニング制度(有料)があり、実戦と共に知識も補完していきたい人にとっては嬉しいサービスとなっています。ママゼットでは、子育て中の主婦の方をメインの対象とさせていただいているため、シュフティをピックアップさせていただきました。

▽シュフティ
シュフティ

Shinobiライティング

Shinobiライティング

Shinobiライティングはライティングに特化したクラウドーシングサービスです。クラウドワークスなどの大手サービスよりも案件数は少ないですが、システム利用料無料、手数料無料、最低換金額が500円という低さなど、魅力的な点がたくさんあります。初心者ライターにもマッチしたレベルの案件も多いため、ライティングで仕事を探す際におすすめのクラウドソーシングサービスです。

▽Shinobiライティング
Shinobiライティング

クラウドテック

クラウドテック

クラウドワークスがエンジニア、デザイナー特化で展開しているクラウドソーシングサービスがこちらの「クラウドテック」です。プログラムやデザイン、ディレクションのスキルや経験がある方には、高額案件も豊富なのでおすすめです。

▽クラウドテック
https://crowdtech.jp/

gengo

gengo

こちらは「翻訳」に特化したクラウドソーシングサービスです。翻訳スキルを持っている人にはおすすめですね。流れとしてはアカウント作成→テスト→仕事受注というステップを踏むことになります。

▽gengo
https://gengo.com/ja/

ココナラ

《在宅ワーカー向け》おすすめのクラウドソーシングサービス紹介

ココナラは掲載された仕事を選ぶのではなく、自分のできることやスキルを掲載するプラットフォームです。仕事が並んでいるのではなく、スキルが並んでいるタイプで、ココナラでは何かしらの時間とスキルを持った人たちがワンコイン500円で自分のスキルを販売しています。500円で自分の時間やスキルを売る、という分かりやすいモデルが特徴です。

▽ココナラ
得意を活かすフリーマーケット【ココナラ】

<スポンサードリンク>

おわりに

以上、主要なクラウドソーシングサービス紹介についてでした。まだまだ情報が少ないので、これからどんどん追記していく予定です。在宅ワークの柱となるクラウドソーシングサービス。まずはクラウドワークスなどの大手に登録して、基本的な仕事から始めてみることをおすすめします。

基本を習得したら、ジャンル特化やココナラのようなサービスでいろいろ試しながら、自分の好きなスタイル、得意なスタイルを確立していくと良いかと思います。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
合わせて読みたい記事