【WordPress】確認用メールアドレスの入力フォームでコピペを禁止する方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-19-46-32-2

こんにちは。本日はWordPressサイトにおける「確認用メールアドレスの入力フォームでコピペを禁止する方法」について書いてみたいと思います。

本記事はすでにweb上にupされている記事を参考にしながら、下記2点の機能を実装するために行った操作の備忘録です。何かの参考になれば幸いです。

行った作業
①WordPressプラグイン「contactform7」を使用したコンタクトフォームでメールアドレスの確認用フォームを実装する

②メールアドレスの確認用フォームで、メールアドレスのコピペを禁止する機能を実装する

それでは、順に書いていきたいと思います。なお、編集することによって不具合が起きる可能性がありますので、事前にバックアップをお取りください。カスタマイズは自己責任でお願いいたします。

<スポンサードリンク>

1:メールアドレスの確認用フォームを実装する

参考記事:Contact Form 7で確認用メールアドレスの入力フォームを加える方法(こぶたのラッパ)

メールアドレスの確認用フォームの作り方は上記の記事を参考にしてみてください。確認用フォームを設置する方法についてはググればけっこう情報が出てくるので、こちらでは参考記事抜粋までとさせていただきます。

操作の際はfunction.phpに手を加えることになります。

2:確認用フォーム内でのコピペを禁止する機能を実装する

今回追加の注文で入ったのが、確認用フォームにコピペで間違ったアドレスを入力されると困る。コピペ禁止にしてくれ。というものでした。使う側からしたら当たり前のこの機能、実装する側としては盲点でした。

参考記事:【jQuery】フォームへの再入力時にペーストを禁止する方法。(ONZE – http://on-ze.com

コピペ禁止機能を実装する際には、上記の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

実際に行う作業としてはやってみると簡単で、下記のコードをjsファイルにコピペするだけでOKです。

これで入力欄でペーストができなくなり、手動で入力せざるを得ない状態になっているはずです。確認してみてください。

<スポンサードリンク>

おわりに

以上、【WordPress】確認用メールアドレスの入力フォームでコピペを禁止する方法についてでした。いかがでしょうか。

contactform7のカスタマイズ記事はいろいろとupされているのですが、この入力フォーム内でのコピペ禁止に関する情報が少なかったので、編集に時間がかかりました。これで次回から迷わずにいけそです。

本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>

\ シェア大歓迎です /
この記事を書いた人
みやも
92年生まれの20代悩みの絶えないブロガーみやもです。元気がない時、勇気が出ない時、そんな時にそっと寄り添えるブログを作っていきたいと思っています。
関連記事