元気が出る映画の感想・レビュー『人生の特等席』

こんにちは。元気が出る映画の感想・レビューを綴っている宮田です。本日は「人生の特等席」という映画についてご紹介させていただきます。

▽人生の特等席 予告編

人生の特等席 あらすじ

この映画の主人公は野球チームのスカウト。大リーグで何十年という時間に渡り敏腕を振るってきたガス。高齢のために目が見えなくなってしまう。そんなガスを心配して娘のミッキーがやってくる。そんな父と娘二人の二人三脚で最後のシーズンを乗り越えていくという物語です。データを信じ選手を直接見ないスカウトに対して、ガスは打球音や玉がミットに収まる音だけで球種や選手の癖がわかる。「長くこの商売をやってるからな」という一言で片付けるガスがかっこいい。

人生の特等席 感想

まずスカウトってすごい仕事なんだなと思った。こうして一人一人の選手の元に足を運んで、未来の可能性を見つける仕事って地道だし、あまり表立って評価されない影役者だけど何よりもチームを支える存在なんだなと感じた。そしてこの作品のように、これからはあらゆる職業がIT化され、データに基づいて判断される機会が増えて行く。でもやっぱり自分の身体で感じたことを大切にしたい。自分の目や五感を信じられる人でありたいなと思わされる映画でした。

そしてこの映画は親子愛を感じられる映画です。お互いに心の内をさらけ出すことができずに時間が経ってしまうことってありがちですよね。僕も22歳くらいまで親が本当はどう思っていたのかなんて知らずに勘違いしていることがたくさんありました。そして親も親で自分の子どもが本当は何を感じ、考えているのか分かっていないことがあったりします。安全でいられるように車間距離を空けながら生きている。そんな自分の弱い部分を映し出してくれるような感じがしました。心を開きたいと思っているだけではなくて、実際に心を開けるように歩み寄っていかなくてはいけないよね。と考えさせてくれる映画でした。

おわりに

以上、人生の特等席についてでした。野球の選手や監督からの視点を描いた作品ではなく、スカウトという視点から物語を描いた本作。野球好きはもちろん、野球のことが分からない人でも楽しんで観ることのできる映画です。それでは本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

よければこちらも合わせてお読みください♪

【随時更新】オススメの元気が出る邦画22選

2016.09.18

元気が出る映画まとめ!明日からまた頑張りたい人にオススメの映画42選

2016.07.22

元気が出る洋画!おすすめ映画24選

2016.07.07

<スポンサードリンク>

\ シェア大歓迎です /
この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
関連記事