在宅ワークで稼ぐ。収入源となるオススメのサービス7選【パソコン作業メイン】

zaitaku

こんにちは。在宅ワーカーの宮田です。本日は在宅ワークで収入を得るためにオススメのサービスについて書いてみたいと思います。

本記事をお読みいただいている皆さまは、大なり小なり在宅ワークに関心がある、またはすでに在宅ワークに取り組んでおられて、新しい受注先を探しておられる。という状況かと思います。

本記事では、在宅ワークでの収入源となるサービスの中でも、パソコンを使って行う作業を仲介しているサービスを中心にいくつかピックアップしています。

本記事の大まかな流れ
在宅ワークとは
収入源となるオススメのサービス
・ジャンルを問わないクラウドソーシング編
・ライター編
・データ入力編
・仲介サービス編
おわりに

在宅ワークとは

まずはじめに「在宅ワーク」とはいったい何か?について。

 
在宅ワークとは、「パソコン等の情報通信機器を活用して、請負契約に基づき、サービスの提供などを行う在宅での仕事」のことをいいます。請負契約は、「仕事を完成することを約束し、仕事の結果に対して報酬を支払う約束をする契約」のことをいいます。
引用元:HOME WROKERS WEB

だそうです。

一般的なオフィスに通い、自分のデスクで仕事をするのではなく、パソコンとインターネットを活用し、自宅にいながら仕事をするワークスタイルのことですね。

この在宅ワーク、様々なレベルや階層で見ることができ、大きくは2つ。

子育て中の女性社員や、介護で自宅にいる必要のある社員などに対する企業のサポート的なニュアンス、つまりはオフィスの分散的な意味合いでの「在宅ワーク」

フリーランスの方が自宅で仕事をしているような、個人がオフィスを持たずに仕事をしている、という意味合いでの「在宅ワーク」があります。

前者は「雇用されている」、後者は「自分で稼ぐ」に近いニュアンスがあるかなと思っていて、本記事では「自分で稼ぎたい」と考えておられる方向けにサービスをピックアップしています。

お小遣い程度に月10,000円〜30,000円くらい稼ぎたい、基盤収入レベルで月に100,000円以上稼ぎたい。などなど在宅ワークをどのような位置付けに置いているかで話は変わってきますが、下記のようなサービスを利用することで一定金額は確実に収入を得ることができます。

自分の得意分野や慣れの具合によって必要時間と収入が変わってきますので、3ヶ月から半年ほどで手応えを掴む、くらいの目安でトライしてみてはいかがでしょうか。

在宅ワークのメリットとデメリット

menotsukare3

在宅ワークのメリット

・時間と場所を選ばず自由に仕事ができる
・通勤時間がない
・対人関係におけるストレスが少ない
・隙間時間が有効に活用できる
・パソコン一台あれば良いので管理備品が少ない
・やればやるだけ自分に返ってくる

とにかく、自分のペースで自由に仕事ができる。というのが在宅ワークの一番のメリットですね。

在宅ワークのデメリット

・孤独感がすごい
・運動不足に陥る
・だらけると際限なく堕ちていく
・世の中の情報を積極的に収集しないと孤立する
・働き過ぎるという状況になる
・キャパ越えした際に助けてくれる人がいない

などなど。自由に動ける一方で辛い点もありますので、徐々に自分のスタイルを確率していくイメージで、バランスを見ながら在宅ワークに取り組んでいくことをオススメします。

<スポンサードリンク>

収入源となるオススメのサービス(ジャンルを問わないクラウドソーシング編)

sashikomi3
仕事を自分で探しながら在宅ワークに取り組むのであれば欠かせない存在となるのが、ランサーズやクラウドワークスなどの大手クラウドソーシングサービスですね。記事作成やアンケート、ロゴ作成、キャッチコピーなどなど。あらゆる種類の仕事が充実しているのがメリットです。

日本最大級のクラウドソーシング【ランサーズ】


データ入力をはじめ、ライティングやロゴ作成、アプリ開発などあらゆるレベル246種類のカテゴリの中から仕事が選べる、クラウドソーシング(外注)サービス最大手のランサーズ。周辺のことを気にせず、作業に集中できる安心のサービスですね。

ランサーズに関しては、発注側・受注側の両方で使っています。作業流れに慣れると、案件が多いためかなりスピードよく進められるのでオススメです。

ワーカー手数料業界最安!【Bizseek】


クラウドソーシングにおいて、手数料業界最安で攻めているサービス。上記のランサーズと併用して登録しておくと便利です。ランサーズで仕事が獲得しきれない時などにこちらでも仕事を探すなどして活用します。

月額固定・長期契約の新しい在宅ワーク紹介サイト【チームワーカーズ】

WEBの制作よりも「運用」にフォーカスしている在宅ワーカー向けお仕事仲介サービス。在宅ワークをしていく上で大変な要素の一つが受注のためのコンタクト作業です。チームワーカーズでは最低3ヶ月からという単位で受注できるため、収入が安定するという大きなメリットがあります。

WEB制作や運用など、これまでにそこそこ経験を積んでいる。という人であれば、高額な報酬が狙えるサービスです。進行管理のディレクターがついてくれることもあり、かなり在宅ワーカーにとっては仕事がしやすいサービスです。

収入源となるオススメのサービス(ライター編)

p1在宅ワークとすこぶる相性の良いのがこのライティング作業(記事作成)。好きなテーマや自分の知識のあるテーマで記事作成を募集している会社を探して、記事を書くことで収入を得ます。僕自身、受発注共に最も多いのがこの記事作成のお仕事になっています。

会員数30万人超!在宅ライターサービス【Shinobiライティング】

忙しいママでも隙間時間に稼ぐことができる。というコンセプトのもと女性ライターを中心にコミュニティを広げているShinobiライティング。初心者ライターでも記事を書きやすい案件が多く、気軽に稼ぐための環境が整っています。

最低換金額が500円という低さなので、在宅ワークとして初めて記事執筆に取り組むのであればここでテストしてみるのも良いかもしれませんね。

日本最大級の記事特化型クラウドソーシング【サグーワークス】

こちらも初心者ライターのとっつきやすい案件が多いサービス「ザグーワークス」。「テキスト作成」「アンケート回答」がお仕事の内容となります。

システム利用料が無料なので、一応登録しておいて気になった案件を1,000円分まずは試してみると良いですね。いろいろ試すと自分に合っているサービスがどれなのか分かってきます。

お手軽ネットバイト!簡単に副業出来るライティングサービス【REPO】

ここまでのサービスと同じように記事執筆がメインです。こちらも初心者向けの色が濃く、毎週送金を行っているなど、ちょっとした稼ぎが欲しい。という場合におすすめのクラウドソーシングサービスです。

収入源となるオススメのサービス(データ入力編)

sashikomiパソコンを使ってエクセルなどでデータを入力する作業のお仕事です。ほとんどが単純作業なので、何も考えずに淡々とこなしていくことができます。単価が低いので大きく収入を得ることはできませんが、在宅ワークの導入編としては適した案件になります。

在宅データ入力業務マッチングサイト【データアクティブ】

在宅ワークでのパソコン作業系で一番簡単なのがこのデータ入力系のお仕事ですね。複雑なことを考える必要がないので、かける時間と収入のバランスを見て計画が立てやすいです。(誰でもできる作業になってくるので大きな収入は見込めません)

収入源となるオススメのサービス(仲介サービス編)

sashikomi2直接お仕事を仲介しているサービスというよりも、仕事を外注したい会社と在宅ワーカーをマッチングするというニュアンスのサービスです。

空いてる時間でしっかり稼げる主婦向け求人サイト【ママワークス】

忙しい毎日の中でもお仕事を探しているパワフルなママさんと、女性を積極的に採用している会社をマッチングしているサービスです。

・スキルはあるけど、近所のスーパーでのパートしか働き口がない…
・子供がまだ小さく、家を空けられないけど働きたい…
・内職の仕事をしているけど、もっと効率よく稼ぎたい…
・子供に手がかからなくなったので、少しずつ仕事に復帰したい…
・一旦家庭に入ったけど、これからまたキャリアアップを目指したい!

といったママさんは一度チェックしてみてください。

おわりに

以上、在宅ワークで稼ぐ。収入源となるオススメのサービスについてでした。在宅ワークで月々の収入が得られると、活動の幅が広がると思っています。学生や主婦の方などでもとっつきやすい案件が多く、お金を稼ぎながらチャレンジできる。そういうキッカケになるようなサービスが、上記のようなものだと思っています。

自分の好きを生かして、お金を稼ぎながらやりたいことをやる。気になるサービスがあればぜひ一度登録してお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

在宅ワークの2大ストレス「孤独感」と「運動不足」について

2016.10.10
Share on FacebookTweet about this on Twitter

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
合わせて読みたい記事