幸せを感じられないと思った時は、小さな幸せを数えよう!しあわせ日記がおすすめ

happy

こんにちは。今日も在宅ワークに勤しむ宮田です。

ふとした質問ですが、皆さんは今日一日「しあわせ」でしたか?

仕事をしているとある程度毎日のリズムも一定で、これ!といってしあわせを感じられる瞬間って少なかったりします。

「しあわせ」を求めて人生を歩んでいると言っても過言ではない、僕たち「人」の人生。

本日は、「しあわせ」を感じながら生きるコツについて書いてみたいと思います。

日常生活でしあわせを感じられているか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-20-01-50

出典
上図のグラフは博報堂生活研究所「生活定点」の「あなたは幸せですか?」から抜粋しています。
<生活定点該当リンク>
http://seikatsusoken.jp/teiten/chart/5.html

恒例の生活定点からグラフを抜粋してみました。こちらは「あなたはしあわせですか?」という質問に対する答えを面グラフ化したものです。

2016年段階で、「しあわせな方だ」と回答した人が全体の73.4%と過去最低を記録しています。表現を変えると「10人に3〜4人はしあわせではないと感じている」状況です。

もう少し、しあわせを感じながら生きる方法を見出したいものです。

記事を読んでくださっている皆さんは、どちらに入りますか?

いろいろと本を読んだり調べたりしていて、しあわせを感じながら生きるためにできる、簡単に取り組める方法の一つを見つけました。

しあわせを感じるには「書き出すこと」がポイント

note

その方法というのが、

しあわせだなぁと感じた小さなことを「認識する」こと、そしてそれを「書き留める」ことです。

「幸福度」を上げるために、感謝介入法と親切介入法という心理学的アプローチがあるそうなんですね。

どういう方法論かというと、一日の中で感謝したことや人に親切にしたことをノートなどに書き留めると幸福度が上がる、という科学的なアプローチのようです。

情報元:「幸せになれる」と科学的に証明された、2つのエクササイズ。

これであれば、自分一人でも始められて、無理なく簡単にスタートできるのではないでしょうか?

おすすめのノート「しあわせ日記」

memo

そして、この幸せに感じたこと、感謝したことなんかを書き出すのにとても良いノートを見つけました♪

こちらの「しあわせ日記」です。

一日一日にあったしあわせだったことをメモするための日記です。

大阪梅田のルクアの中にあるお店で売っていたので、早速一冊買って試しています。

◯今日は順調に仕事が進んでよかった

◯取引先の相手とこれまでよりも親密な話ができた

◯今日は満足のいく記事が書けた

◯朝のゴミ捨てでおばちゃんに出会った時、気持ちよく挨拶ができた

などなど。

ささいなことを書き留めています。

ちなみにノートの中身はこんな感じです。

14962952_1124228974357146_73227609_n

小さなことでも、アウトプットする前提があるとインプット(認識)が変わる

使い始めて2週間ほど。

徐々に生活に変化が出てきました。

毎日寝る前にしあわせ日記を開いて、今日しあわせだったことを書き出すわけですが。最初は書けませんでした。

しあわせだったことを振り返ろうと思うと、「今しあわせだな」ときちんと認識することが必要ですし、忘れないようにリアルタイムで書き留めることが必要です。

その半分自分にかけた強制力のようなもののおかげで、ささいなことに「あ、これメモっておこう」とその都度、しあわせを認識するようになりました。

これ、思っていたよりも効果があって、「しあわせなこと」、要はポジティブな要素を探す視点に立つことが多くなるので、毎日がその分楽しくなります。

とても簡単にできるので、「なんだか最近心が荒んでいる・・・」と感じた人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

しあわせ日記について

しあわせ日記は株式会社デザインフィルの手がける商品です。オンラインストアやAmazonで購入することができ、参考価格は756円です。

おわりに

以上、幸せを感じられないと思った時は、小さな幸せを数えよう!しあわせ日記がおすすめについてでした。感謝介入法、親切介入法など、心理学的なアプローチも含め、しあわせに生きるためにできることはたくさんありそうですね。

ちなみに、僕にとってアウトプット習慣であるこの「ブログ」も、日常にある小さなしあわせを発見するための一つのキッカケになっています。仕事で、プライベートで、自分に合ったしあわせを見つける方法があると思うので、いろいろと模索してみてください。

何か素敵な方法があればコメント欄などで交流していただけると嬉しいです。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。