元気が出る映画の感想・レビュー『風が強く吹いている』

こんにちは。元気が出る映画の感想・レビューを綴っている宮田です。本日は「風が強く吹いている」という映画について書いてみたいと思います。この映画は大学の弱小陸上部が箱根駅伝出場、そして優勝を目指す物語です。小出恵介がキャプテンを務めるこの作品、青春ど真ん中の良い味を出しています。

▽風が強く吹いている 予告編

全てをかけられるもの

映画自体はかなりものすごいテンポで進んでいきます。箱根駅伝を目指してそれぞれのメンバーが奮闘する様子が描写され、それは本当に箱根駅伝を見ている時のような感覚に近いものがあります。青春ど真ん中のこの作品を観ていて、男まみれの青春っていいなぁと思う。最初は他の部員のことを認められなかったカケルが、ご飯を食べながら笑みをこぼすシーンが割と好きだった。カケルがハイジにタスキをつなぐシーンには何だかジーンときた。

改めてマラソンというスポーツの魅力を感じる映画でした。俺たちはチームだけど、走る時は独りだ。という台詞がマラソンの特徴を表しているなぁと思った。一人一人が孤独の中、自分を待っている仲間のもとへただひたすらに走る競技。これほどまでに「自分との戦い」である競技って少ないよなぁと思った。この映画を観ると、翌朝早く起きて走りに行きたくなるかもしれません。かつて自分も部活で自分を追い込んでいたように、また自分の限界に挑戦したくなるような、そんな作品でした。

おわりに

以上、「風が強く吹いている」についてでした。映画としては派手な展開があるわけではなく、シンプルに駅伝について進んでいく感じです。自分も陸上部だったり、運動部に所属していた経験のある人は奮起される映画。それにしても、小出恵介ってキャプテン役似合ってますね。ルーキーズの時もそうでしたが、ややクサい台詞や大げさな台詞も違和感なくフィットしてて良いですね。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

よければこちらも合わせてお読みください♪

【随時更新】オススメの元気が出る邦画22選

2016.09.18

元気が出る映画まとめ!仕事や人生に悩んだ時にオススメの映画43選

2016.07.22

元気が出る洋画!おすすめ映画24選

2016.07.07

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。