ハラハラドキドキが止まらないオススメのサスペンス映画11選

ハラハラドキドキが止まらないオススメのサスペンス映画10選

どうもこんにちは宮田です。今回は観ていてハラハラしたり頭をフルに使わされるようなサスペンス映画について、オススメ作品をピックアップしています。サスペンス映画を探している方はぜひチェックしてみてください。

サスペンス映画とは?
観客の緊張感を煽ることを狙いの一つにしている映画のジャンル。事件や事故を描いた推理系や、サイコパス・ホラー系などに大きく分類することができます。

<スポンサードリンク>

オススメのサスペンス映画

羊たちの沈黙

アカデミー賞、作品賞を受賞した1991年に公開されたトマス・ハリス原作の小説をジョナサン・デミ監督が映画化したアメリカ映画です、主人公ジョディ・フォスター演じるクラリス・スターリングが各地で起る連続猟奇殺人事件をアンソニー・ホプキンズ演じるハンニバル・レクターに助言を聞きながら事件を解決しようとする、サスペンス映画の傑作。

SAW

メインの登場人物二人は、気づくと見たこともない場所に閉じ込められています。そしてそこから脱出できないように体は鎖で繋がれています。この状態で、謎の仕掛け人「ジグソー」によるデスゲームが始まります。オバケがでないので、ホラーではありまんが、ホラー並みに怖いサスペンスです。狂気と恐怖のみが渦巻く物語に何故か魅せられて、最後まで手に汗、額には冷や汗するような鉄板のサスペンス映画です。

サイコ

1960年にアメリカで制作されたアルフレッド・ヒッチコック監督による不朽のスリラー映画。当時はすでにカラー映画が主流となっていたが、あえて白黒画像で描き出す殺人シーンや舞台となる館の不気味さはヒッチコック監督ならではの迫力があります。真相に近づいていくにつれてスリルは最高潮になり、初めて見た時には本当に心臓が止まってしまうのではないかと思うほど驚きました。まさに意外な結末とはこの映画のことを指すと言えるようなオススメのサスペンス映画。

ミスティック・リバー

原作は全米でベストセラーになっている小説で過去にあったある出来事で離ればなれになった3人の幼馴染の関係を中心に物語が展開していくミステリー作品。クリント・イーストウッド監督らしい作品でハードなシーンもあります。登場する人達の悲しみや怒りがダイレクトに伝わってくる丁寧な描き方をしており見ている者の心に訴えかけてくる作りが高く評価されアカデミー賞にもノミネートされたオススメのサスペンス映画です。

パーフェクト・ストレンジャー

ハルベリー主演で共演者にブルースウィルスがいるなど、豪華なキャストで制作されたアメリカの映画です。日本では、ラスト7分11秒―「衝撃の事実」に、あなたは絶対騙される”というキャッチコピーのもと、宣伝が行われていました。ハルベリー演じる女性記者の友達が殺され、この真相を追う視点から映画は描かれるのですが、本当にラストまで見ていないとオチが分からない見応えのある映画。

インセプション

アカデミー賞8部門を受賞している作品で、巨匠クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作をされているサスペンス映画です。とくに視覚効果ではド肝を抜かれる程素晴らしい映像で観客を驚かせてくれます。人の夢の中に侵入し更に深く侵入していく発想は他のハリウッド映画にはなく、見事なストーリー展開で最後まで見飽きることなく大変面白い作品です。衝撃的なラストシーンは必見で、夢と現実の境界線は果たして何処にあるのか、観ている側も暫く考えさせられてしまいます。渡辺謙さんの素晴らしい演技にも注目していただきたいです。

ゴーン・ガール

男性にとってはこれ以上なく恐ろしい映画です。ある夫婦が主人公なのですが、ある時突然妻が失踪。世間は夫に殺人の疑いの目を向け、次第に彼は追い詰められていきます。しかし、彼は妻が生きていると確信し、自分をハメた妻を探し出そうとします。サスペンス映画としても優れていますが、それ以上に恐ろしいホラー映画とも言えるかもしれません。

バンテージ・ポイント

舞台はスペイン、国際会議に出席した米国大統領暗殺事件を描いたオススメのサスペンスアクション映画。作品の最大の魅力ポイントは、事件が起こった場にいた8人の登場人物それぞれの視点で物語を追うマルチサイドが用いられている点です。これは現実としてもいえますが、起こった事件は一つでも、物語はそれに関わった人の数だけあるということです。8人全ての視点で物語の謎全てを回収できた時、とにかくすっきりします。

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画

仕事の営業成績もプライベートでの生活もいまいち冴えない保険のセールスマンの、ふとしたきっかけから転落していく様子がブラックユーモアたっぷりとしたストーリーになります。主人公のミッキーの運命を狂わせていく認知症気味の男性ゴルヴィーに扮している、アラン・アーキンの円熟味溢れる演技が見所です。保険を売り歩いていたはずのミッキーが、いつしか悪人たちにとっての「保険」となっていく展開には驚かされます。

僕だけがいない街

サスペンス映画を観たいけど、キツすぎるのはちょっとなぁ…という方におすすめできる映画が「僕だけがいない街」です。サスペンス展開にヒューマンドラマが上手く融合しているので、サスペンス初心者さんでも比較的見やすい作品となっています。原作コミックが人気で映画化した作品ですが、原作未読でも楽しめるオススメ映画。

重力ピエロ

簡単に言えば、兄と弟が連続放火事件の調査を始めたことで、秘められた真実と向き合うことになるお話。部類としては悲しいストーリーなのですが、その中でもちゃんと家族愛、兄弟愛は感じられたので悲観的なばかりではないです。俳優陣の演技が素晴らしくて、ファンタジーではなく身近な一コマのように感情移入して観ることが出来ました。謎解きのドキドキとヒューマンドラマを一緒に楽しむには良い作品です。

オススメのサスペンス映画振り返り

今回ピックアップしたサスペンス映画
・羊たちの沈黙
・SAW
・サイコ
・ミスティック・リバー
・パーフェクト・ストレンジャー
・インセプション
・ゴーン・ガール
・バンテージ・ポイント
・パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画
・僕だけがいない街
・重力ピエロ

<スポンサードリンク>

おわりに

以上、ハラハラドキドキが止まらないオススメのサスペンス映画についてでした。気になる映画はありましたでしょうか?今後も、オススメのサスペンス映画を追記していきたいと思っていますので、ぜひまた時間を空けて見に来てください♪

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてチェックしてみてください↓↓

人気記事:怖い映画が観たいなら!オススメのホラー映画22選【洋画・邦画ミックス編】

人気記事:テンションが上がるおすすめのアクション映画38選

人気記事:SF作品初心者が選ぶ、おすすめのSF映画50選!

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事