オススメの洋画39選!編集部オススメの面白い映画まとめ

オススメの洋画10選!編集部オススメの面白い映画特集
映画好きにオススメ【PR】
映画見放題のおすすめVODサービス10選

こんにちは!映画大好きMIYALOG編集部です。今回は編集部オススメの面白い洋画についてピックアップしていきたいと思います。

洋画好きの方や、洋画についてこれから手を出してみたいという方など、ジャンルや年代を限定せずに幅広く洋画について紹介しておりますのでぜひチェックしてみてください。

<スポンサードリンク>

オススメの洋画

パッチ・アダムス

ロビン・ウィリアムズ主演の作品でユニークな療法で人々の心と体を癒す実話を元にした精神科医の話です。もともとコメディアンでもあり演技力の高いロビン・ウィリアムズがこの役を演じることで作品の説得力が増しています。「こんな医者がいたらいいのに」と思わせる笑いと感動に溢れており、全ての人にオススメしたい洋画。

マイ・インターン

アン・ハサウェイ演じる勝気で強気なバリバリのキャリアウーマンが、シルバー雇用でインターンに来る人生の先輩と仕事をすることで、自分の気づいてない部分に気づき成長していくという物語。観終わった後には、前向きで温かい気持ちになれるオススメの洋画です。

ラ・ラ・ランド

楽しくて、ロマンチックで、切なくて…。映画の良いところをてんこ盛りにしたような作品です。でも、それだけで終わらないところが、この映画の凄さです。見れば見るほど、この物語の深さに魅了されますね。数日は頭の中が「ラ・ラ・ランド状態」になりました。映像の美しさはもちろんのこと、音楽もとても素敵なオススメの洋画です。

マイ・フレンド・フォーエバー

友達のいない無愛想な男の子エリックと、その隣に引っ越してきたエイズ患者のデクスターとの交流を描いています。親友のように仲良くなっていき一緒に旅にも出たりしますが、段々とデクスターの体調が悪化していき心配するエリック。二人で交わした約束を忘れずにいた最後のエリックの優しさには涙してしまいます。洋画が好きなら一度は観ておきたい映画。

ノッティングヒルの恋人

プリティウーマンを演じたジュリア・ロバーツが女優を演じ、チャラい浮気者役が多いヒュー・グランドがさえない本屋の店主を演じている作品です。ふたりのギャップも面白いですが、いかれた友人スパイク役のリス・エヴァンスがとてもいい味を出しています。笑って泣いて、最後の記者会見はとても感動シーンなので、エンドロールまで見続けて欲しいオススメの洋画。

たった一人のあなたのために

たった一人のあなたのためには浮気性の亭主に愛想をつかせて息子たちと一緒に本当に自分に合うパートナーを見つける旅の映画です。旅の途中、元彼と恋人関係になりますが、結婚までいたらず、再び旅に出掛けます。途中で挫折しても前向きに行動する女性が描かれています。

ドリームガールズ

ビヨンセが主演を務めた映画です。洋楽好きには特におすすめしたい映画です。歌唱力が素晴らしいキャスト陣なので、それだけでも見る価値はあります。アメリカンドリームを手にするまでのストーリーなので物語に勇気をもらえます。何か新しいことを始めたいなと思う気持ちにさせてくれるオススメの洋画。

フライト・ゲーム

飛行機のフライトや空港の警備を担当する航空保安員を主人公に設定しているのが斬新でした。時速800メートルで移動する空飛ぶ密室の緊迫感と、着陸までの限られた時間がスリリングです。見えない脅迫者との間で繰り広げられる心理戦と、自らの身の潔白を証明するための戦いが見所です。「ユナイテッド93」や「フライトプラン」などの、飛行機内を舞台にしたドラマが好きな方たちには特にオススメの洋画です。

ミュージック・オブ・ハート

1999年に公開された実話を基にした映画です。メリル・ストリープ演じるロベルタという2人の子を持つ女性が、ニューヨークの小学校でヴァイオリンの臨時教師を務めるところから物語は始まります。治安が悪く荒れている小学校でいかにしてロベルタが子供たちと心通わせてゆくのか、音楽を通じたロベルタと子供たちの成長の物語が描かれています。

マディソン郡の橋

ロバート・ジェームズ・ウォラー原作の小説を映画化した作品。アメリカの田舎町に暮らす40代の主婦が、彼女が住む町にある屋根付きの橋の写真を撮るためにやってきた写真家と偶然出会い、恋に落ちる。たった数日間、そして不倫ではあるけれど、二人の大人の男女のとても深くて純粋な恋心を描いたラブストーリーです。

アンブレイカブル

ブルース・ウィリス氏主演の「アンブレイカブル」は今までにないタイプのヒーローものです。ただのヒーローものではなく、サスペンス映画としての一面も兼ね備えています。主人公は列車の大事故で、ただ一人無傷で生還した男です。なぜ彼は無傷だったのか、ある一人の男と出会ったことにより、彼自身と過去に隠された謎が明らかになっていくという先が気になるストーリー展開の映画です。

バトルシップ

エイリアンの襲撃に立ち向かう海軍たちの戦いを描いたSFアクション映画です。日米合同映画で、米軍と日本軍が協力して敵に立ち向かいます。アメリカではあまり評判はよくありませんが、日本においては高い人気を誇っています。その最大の理由は日本人好みの熱い展開がいくつも散りばめられているからでしょう。少年漫画のような王道展開が好きな人にこそ楽しめるオススメの洋画。

ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュは、ファンタジーではお馴染みのティム・バートン監督が手掛けた作品。この作品もファンタジーテイストとなっていますが、それ以上に親子間の愛を強く感じるものとなっています。疎遠になっていた父と息子が、父の死期が迫っているのをきっかけに再生していくストーリーは、気がついたら涙が頬を伝っているような温かさがあるオススメの洋画。

マグニフィセント・セブン

「7人の侍」をそのまま西部劇に落とし込んだガンアクション作品です。市民を苦しめる悪人を退治する為に雇われた7人の凄腕ガンマン達がとにかくカッコいいです。実直な保安官をリーダーに、ギャンブラーや犯罪者、過去の大戦で名を挙げた凄腕のスナイパー、インディアンの青年等々、アナタの推しメンがきっと見つかるはず。悪い奴をひたすらぶっ飛ばす爽快感もスカッ!とするオススメの洋画です。

LIFE!

雑誌「LIFE」の写真管理部で働いていた冴えない男が、自らの人生を歩むべく冒険に出る物語です。自分の人生の主人公は自分であるということを教えてくれる、ぜひ一度観て欲しいおすすめの洋画です。

LION /ライオン 25年目のただいま

5歳の頃に迷子になったインドの少年「サルー」。自分の暮らしていた街の名前を正確に覚えておらず、帰ることができなくなり養子となって大人になります。25年という時を経て、サルーがGoogleearthを使って自分の故郷を見つけ出す、実話に基づいた物語です。生きること、絆、想いの力、胸に染みるオススメの洋画です。

ネバーランド

ハリウッド界のカメレオン俳優である、ジョニー・デップ主演のヒューマンドラマです。有名なファンタジー作品である、ピーターパンのモデルとなった少年と劇作家の切なくも美しい作品です。ネバーランドの本当の意味や、少年と劇作家の心の動きに思わず涙してしまいます。

キャスト・アウェイ

トムハンクス主演の映画です。飛行機が墜落して無人島にたどり着き、約4年間その島で過ごし試行錯誤の末に脱出するのですが、人間の生きていく為の知恵って凄いんだな、と心底感じさせてくれるオススメの洋画です。もし自分がそんな状況になったら…同じ様な行動に出るのか、もしくは諦めて死を待つのか…と考えてしまいます。

リンカーン弁護士

主人公のミック・ハラーに突如として訪れることになる弁護士生命の危機と、静かな反撃が痛快なストーリーになります。様々な人種や価値観が対立する中でも、法律によってすべてを解決して万人が納得する答えを導き出していく難しさについて考えさせられるはずです。E・S・ガードナーやジョン・グリシャムを始めとする法廷サスペンスや推理小説が好きな方には、是非ともオススメしたい洋画です。

小さな恋のメロディ

小学生のピュアな恋愛を描いた映画です。大人になると気づかないうちに失ってしまうあの頃の真っ直ぐさが描かれたどストレートな恋愛映画です。「ずっと一緒に居たいから結婚したい」というセリフが心に残るオススメの洋画。

アデライン、100年目の恋

ある時から老化しなくなり、いつまでも若く美しい29歳で生き続けることとなった女性「アデライン」の物語です。愛と孤独を描いた作品で、「共に老いていく未来」という当たり前のように感じることが、とても幸せなものであることを教えてくれるオススメの洋画。

イルカと少年

実話を基にした作品で学校での生活に馴染めない少年が尾びれを失ったイルカと出会い心を通わせていく物語です。イルカとの触れ合いを通して「海の病院」で働くスタッフや家族との絆を深め心を成長させていく少年の姿に感動し、自分に子供がいたら一緒に観たいオススメの洋画。

ムーンライト

内気な少年シャロンが抱える様々な葛藤を描いた作品。薬物、虐め、家庭環境、LGBTなど、様々なテーマを複合的に描き出した作品で、独特の後味が残る映画です。数々の賞を受賞した、一度観ておきたいオススメの洋画。

マレーナ

マレーナは第二次世界大戦、イタリアの映画で思春期の男の子がセクシーで美人な人妻に恋をする物語です。この人妻の夫は戦争に行って帰って来ませんでしたが、歳の離れた人妻と結ばれるわけではありません。男の子の葛藤や当時のイタリアが素晴らしく描かれたオススメの洋画です。

オデッセイ

火星での有人探査中、取り残されてしまった宇宙飛行士が生き抜くとこを決意し、数年後の救助隊を待つお話。自分の持つ知識で試行錯誤し1日1日生きていく様が見所です。主演はマットデイモン。監督はリドリースコット。生きるということへの執念を感じさせてくれるオススメの洋画です。

ギフト 僕がきみに残せるもの

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をテーマにしたドキュメンタリー映画。自らの病と戦うことを決めた男と、支える周りの人々、子どもに向けて残したビデオレター。観ていると苦しくなる場面もある重たい映画ですが、強さ、優しさ、愛、絆、夫婦、家族、親子、人生の意味、たくさんのことを考えせてくれるオススメの作品です。

僕と世界の方程式

自閉症を抱えた少年が、数学オリンピックでのメダル獲得を目指す中で、様々な新しい経験と出会いを通じて成長して行く物語。理論では説明できない「愛」について、理解しようとする姿勢や葛藤に心を掴まれる。全体を通じて優しさに溢れるオススメの洋画です。

素晴らしきかな、人生

広告代理店を経営し、富と名声を手に入れていた主人公のハワード。娘を失くしたことをキッカケに生きる意味を見失う中で、「愛」「時間」「死」について問いかけていく物語です。登場人物それぞれが「愛」「時間」「死」について自分なりの解を見出していきます。観ている自分も、これら普遍的な要素に対する哲学的な問いを楽しむことができます。主演のウィル・スミス他、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイなど、洋画が好きな人にとってはキャスト陣の組み合わせも見応えのあるオススメの映画。

ヴィンセントが教えてくれたこと

優等生の少年が、引っ越した先で知り合ったダメダメ親父「ヴィンセント」と意気投合し、織りなす物語を描いた映画です。見た目は問題ありまくりのヴィンセントですが、学校では教えてくれない大切なことをたくさん教えてくれます。二人の年齢も境遇も異なる二人の友情が心に残るオススメのヒューマンドラマ系の洋画です。

ミセス・ダウト

ロビン・ウィリアムズが女性に扮し離婚した家族との絆を取り戻すコメディ映画です。妻に愛想をつかされたダニエルは家族にバレないように女装し家政婦「ミセス・ダウトファイア」として元家族の家に潜り込みます。そこで繰り広げられるドタバタコメディ感はまさにロビン・ウィリアムズの真骨頂と言えるもので抱腹絶倒ものです。

ディープ・インパクト

彗星が地球に衝突する映画はたくさんありますが、色んな人物目線でとらえられていて、彗星衝突に対しての様々なリアクションを見ることができるのがこの映画の特徴です。彗星を初めて発見した少年、ニュースキャスター、宇宙飛行士など、それぞれの人間ドラマがしっかりと描かれています。決してハッピーエンドではないところがリアルでもあり、たくさんのことを考えさせてくれるオススメの洋画です。

50回目のファーストキス

記憶障害の病を抱える女性と彼女に一目惚れした男性の恋の行方を描いた恋愛映画。どんなに素敵なデートを楽しんでも翌日になれば彼女はすっかり記憶をなくしているという切ない日々が続く中で、希望を失うことなく彼女にアタックし続ける彼の一途な愛に胸を打たれます。二人が愛を育くんでいく姿がハワイの美しい情景とともに描かれていくロマンティックな洋画です。

シカゴ

あのミュージカル『Chicago』の映画化作品です。注目なのは主演レニー・ゼルウィガーはもちろん、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リチャード・ギアといった出演者たちの魅了的な歌とダンスでしょう。さすがエンターテインメントの国、役者陣も超一流な面々が出演しているオススメの洋画です。

スウィート17モンスター

親友と兄との間に挟まれた女子高校生が巻き起こしていくトラブルを、コミカルなタッチで描き出した楽しい洋画。恋愛に対する憧れは人一倍ながらも、不器用で異性との関係性を拗らせてしまうヒロインの可愛いらしさが見所です。

バッド·ティーチャー

キャメロン・ディアスが演じる女教師エリザベスが、運命の相手を捕まえる為、教え子達を巻き込み繰り広げるラブコメディです。なぜか憎めないエリザベス。決して先生のお手本という訳では無いですが、先生として大事な事を教えてくれたりもするオススメの洋画です。

RENT/レント

ブロードウェイで大人気で、日本への来日公演や日本語での公演も行われたミュージカルを映画化したものです。ゲイやドラッグなど、現代社会に関連性のあるトピックを美しい音楽で彩っています。ブロードウェイ公演時のオリジナルキャスト陣が出演しているので、舞台ファンも楽しめるようなオススメの洋画です。

黒猫・白猫

『ジプシーのとき』や『アリゾナ・ドリーム』などで知られるエミール・クストリッツァ監督の作品です。ジプシーの家族とそれを取り巻く人々の喜怒哀楽をコミカルに描いており、最初から最後までパワフルで楽しいオススメの洋画です。

リリーのすべて

実際に存在した、世界で初めて性適合手術を受けた画家をエディ・レッドメインが演じた作品。性同一性障害の状態で生きることの難しさについて考えさせる一方で、それを支え続けた妻の存在の美しさに心を掴まれます。日常に新たな視点をくれるような、オススメの洋画です。

洋画を楽しむならVOD【PR】

オススメの洋画10選!編集部オススメの面白い映画特集

さて、本記事では編集部おすすめの洋画についてピックアップしてきました。洋画を楽しみたいという人、日常よく映画を観るという人にオススメなのがVODサービスです。VODとは、ビデオ・オン・デマンドの略で、映画のオンライン定額制レンタルサービスです。

登録されている映画が見放題になる嬉しいサービスですね。下記の記事でVODサービスについてまとめているので、よければ合わせてチェックしてみてください。洋画をはじめ、映画の楽しみ方に幅ができると思います。

関連記事:映画見放題のおすすめVODサービス10選【PR】

<スポンサードリンク>

おわりに

以上、オススメの洋画!編集部オススメの面白い映画特集についてでした。気になる洋画に出会えましたでしょうか。今後も素敵な洋画情報を追記してみたいと思っています。

今回ピックアップしたオススメの洋画
・パッチ・アダムス
・マイ・インターン
・ラ・ラ・ランド
・マイ・フレンド・フォーエバー
・ノッティングヒルの恋人
・たった一人のあなたのために
・ドリームガールズ
・フライト・ゲーム
・ミュージック・オブ・ハート
・マディソン郡の橋
・アンブレイカブル
・バトルシップ
・ビッグ・フィッシュ
・マグニフィセント・セブン
・LIFE!
・LION /ライオン 25年目のただいま
・ネバーランド
・キャスト・アウェイ
・リンカーン弁護士
・小さな恋のメロディ
・アデライン、100年目の恋
・イルカと少年
・ムーンライト
・マレーナ
・オデッセイ
・ギフト 僕がきみに残せるもの
・僕と世界の方程式
・素晴らしきかな、人生
・ヴィンセントが教えてくれたこと
・ミセス・ダウト
・ディープ・インパクト
・50回目のファーストキス
・シカゴ
・スウィート17モンスター
・バッド·ティーチャー
・RENT/レント
・黒猫・白猫
・リリーのすべて

オススメの洋画があればぜひ教えてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね♪

関連記事:元気が出る洋画!おすすめ映画24選

関連記事:心に残るオススメの邦画32選

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事