映画好きにオススメの映画見放題サービス『Hulu』

こんにちは。元気が出る映画の感想・レビューを綴っている宮田です。毎日一本は映画を観るようになったため、TSUTAYAやゲオに頻繁に通うのが億劫になってきた宮田です。ということでネットで映画を観れるサービスはないかなと思って使い始めたのが月額933円定額制の映画見放題サービス「Hulu(フールー)」です。

hulu

こちらのサービスは月額933円でHuluに登録されている映画を何本でも何回でも観ることができます。一ヶ月Huluを使ってみた感想を書いてみたいと思います。

充実の映画ラインナップ

映画見放題とは言っても、登録されている映画が少ないと結局損をするのでは?と思っていたのですが、Huluには割と良い映画がたくさん登録されています。新作などは中々難しいですが、準新作レベルの映画や過去の名作映画なんかも観れたりします。

感覚としては、これが観たい!と思って検索するという使い方よりも、なんか良い映画ないかなとHuluで探すと良い映画に出会える。という感じです。

スクリーンショット 2016-07-29 21.16.36

1万本以上の映画があるので、映画の一覧を開くと面白そうな映画に出会えます。これが観たい!という映画があればHuluで検索してみて、あればHuluで観るし、なければ借りに行く。というのが今の自分の感じです。逆にTSUTAYAなんかで面白そうだなと思った映画は一旦Huluで検索してみて、あればHuluで観るようにしています。

Huluを使ってみて感じたメリット

一ヶ月僕がHuluを使ってみて感じたメリットを書いてみます。

どこでも観れるマルチデバイス対応

マルチデバイス対応とはパソコン、スマホ、タブレットといった再生する端末を選ばないことを言います。テレビやパソコンの前に座らないと映画が鑑賞できないというのはけっこう不便だったりしますよね。でもタブレットで観ることができればどこでも自由な体勢で鑑賞できるので重宝しています。

例えば寝る前
布団に入って横になりながらiPadで鑑賞。なんてことができるようになりました。部屋の電気を決して寝る準備万端。あとは映画を観るだけなんて毎日を過ごしております←

近所のカフェが映画館に
近所のカフェでも気軽に映画を鑑賞することができるようになります。静かめのカフェに入ってイヤホンをさし、パソコンを開けば映画館の完成です。美味しいコーヒーを飲みながら優雅に映画鑑賞をすることができます。感動系の映画を観ている時は、号泣してしまわないように注意が必要です←

試し観できる

何本でも何回でも観ることができるので、気になった映画をちょこっと試しに観てみる。ということができます。レンタルしようと思うと借りたものの面白くなかった時のダメージは大きいですが、Huluであればちょっと観てみてダメであれば他の映画を観る、でもやっぱり気になったらもう一回観てみる。なんてことが可能です。

レンタルサービスではないので、いつでも、いつまでも観ることができるのがメリットですね。

また、途中まで観た映画を止めておいて、後でまた観る。なんてこともDVDより楽です。家のパソコンで途中まで観た映画を外出先でiPadから観る。ということもできます。デバイス間で視聴状況が共有されるので、観ていた続きから自動再生してくれます。

おわりに

Huluについて書いてみました。映画を毎月観ているという人は登録してみると良いと思います。今なら最初の2週間無料お試しもあるので、その期間を使って試してみるのをオススメします。また登録方法なんかも追記してきたいと思います。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

▽関連記事はこちら
【hulu】ヒューマンドラマ系のオススメ映画20選

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。