映画『ONCE ダブリンの街角で』の感想!音楽で通じ合う心

こんにちは。元気が出る映画の感想・レビューを綴っている宮田です。本日は映画「ONCE ダブリンの街角で」についてご紹介させていただきます。こちらは僕の大好きな映画「はじまりのうた」「シングストリート 未来へのうた」を手がける監督「ジョン・カーニー」監督の作品です。音楽のある映画の中でも大好きな監督の作品で、ONCEダブリンの街角で、もとても良い映画でした。

ONCE ダブリンの街角で あらすじ

ダブリンの街角で起きる「男」と「女」のささやかな心のふれあいを描いた物語。ダブリンのストリートでギターの弾き語りをしながら生計を立てる「男」と、そんな男の音楽に惹かれた花売りの「女」。それぞれに過去に切ない思いを抱える二人が音楽を通じて交わり合う。

男の曲のレコーディングを手伝うこととなり、路上ライブをしていたバンドマン達に声をかけて収録していく。最後まで二人は距離を置きながら触れ合う。近づきそうで踏み込みきれない、人間模様を描いた作品。最後までお互い二人の名前もわからない。

ONCE ダブリンの街角で 感想

音楽に乗せて伝える気持ち

ジョン・カーニー監督の真骨頂である「音楽に乗せて伝える想い」。本作でも切ない二人の過去を音楽の歌詞に乗せて伝え合います。語らなくても音楽を聴けば相手のことが分かっていく。そのロマンチックなやりとりが観ているこっちの心を揺さぶってくれます。ジョン・カーニー監督の映画を観ると音楽のない人生がつまらなく思える。

はじまりのうた、シングストリートとの比較

順番的には本作「ONCE ダブリンの街角で」→「はじまりのうた」→「シングストリート 未来へのうた」の順番に制作されております。あとの作が割とアップテンポであるのに対してONCEは静かな流れ・音楽で構成されています。楽しいというより「しっとり」って感じで、観ていて心穏やかになったり、音楽に聴き入ったりする感じです。

僕は「はじまりのうた」が一番好きで、上手くいかなかった人たちが音楽を通じてつながり、音楽を通じて元気を取り戻していく。そういう姿が明日頑張ろうかな。っていうエネルギーになります。

おわりに

以上、ONCEダブリンの街角で、でした。ジョン・カーニー監督の映画は観ていてノれるし、元気が出るのでぜひオススメしたいです。月曜日からまた頑張るぞー!って人は休日にレンタルしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事)
【90分・100分・120分】時間別オススメの短い映画まとめ

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。