あの花の脚本家が手がけるアニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が2018年2月公開


どうもこんにちは!本日は「あの花」の脚本家が手がける新作アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」についての投稿です。あの花と言えば僕がアニメ映画を好きになるキッカケになった作品の一つでもあり、新作リリースのニュースを聞いた時には興奮しました。

<スポンサードリンク>

さよならの朝に約束の花をかざろう あらすじ

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。

人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。

10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。

両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。

そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。

絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。

マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。

虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。

少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。

ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

引用元:さよならの朝に約束の花をかざろう公式サイト

ストーリーとしてはtheアニメ的な内容に振り切っており、あの花のように人間世界を描くのではなく独自の世界の物語となっているようです。

予告編からも感じられる、洗練された言葉と世界観。無知ながらにも感じる声優陣の充実感。上映されるのが楽しみです。

おわりに

以上、あの花の監督が手がけるアニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が2018年2月公開についてでした。なお、あの花とここさけについての予告編ムービはこちら。

▽劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

▽心が叫びたがってるんだ。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事:おすすめのアニメ映画20選!

関連記事:Amazonプライムビデオに登録したら観たい!おすすめの面白いアニメ8選

関連記事:元気が出るアニソン(アニメソング)おすすめ19選

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。

合わせて読みたい記事

ABOUTこの記事をかいた人

MIYALOG編集部

こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。