爪先立ち最強説!在宅ワークの運動不足解消のためにできるちょっとした工夫

どうもこんにちは宮田です!本日は在宅ワークをやっていると避けては通れない運動不足という問題についての投稿です。

以前、『在宅ワークの2大ストレス「孤独感」と「運動不足」について』という記事を投稿しました。在宅ワークをやっていると本当に運動不足が問題になってきます。

今回は、おなじみのクラウドワークスさんを利用させていただき、日常生活の中に取り入れられる運動不足解消のための工夫をアンケートで集めさせていただきました。下記にピックアップしていきますので、運動不足気味の方はチェックしてみてください。

<スポンサードリンク>

運動不足を解消するための工夫

爪先立ち

もっとも多かったのがこの爪先立ち。料理をしている時間、スーパーのレジ待ちの時間、洗濯物を干している時間などなど。ほんの隙間時間に取り入れることができ、道具も何もいらない爪先立ちがダントツでした。運動不足を感じたらまずは爪先立ちを試してみてはいかがでしょうか。

一つ手前の駅で降りて歩く

これは運動不足解消の方法としてよく出てくるポイントですね。目的地に移動する際、一つ手前の駅やバス停で降りてそこから歩くというもの。時間に余裕のある際はぜひ実践したい。

リュックの中に本を入れて歩く

個人的になるほど良いねと思ったのが、リュックサックやカバンの中に本(重り)を入れて歩くというもの。運動不足解消+読書の時間が増える。という一石二鳥感を持った投稿だったので好感度◯。

そのほかの工夫ポイント

そのほかアンケートで寄せられた運動不足解消のための工夫ポイントについてまとめてアップさせていただきます。難易度や効果それぞれありますが、取り入れやすそうなものから試してみてください。

運動不足解消のための工夫

  • 電車では座らず立ったままで移動
  • 隙間時間に家の階段を上り下りする
  • エレベーターではなく階段を利用する
  • CMの時間は腹筋をする
  • 買い物の際は車ではなく徒歩で移動
  • 歯磨きをしながらストレッチ
  • スタンディングデスクを利用する
  • 買い物時はカートを使わず手でカゴを持つ
  • 定期的に外出する予定を入れる
  • 毎朝散歩をする習慣をもつ
  • 電車移動を自転車移動に変える
  • 徒歩15分圏内は歩くようにする
  • 歩くときに意識して太ももを高く上げる
  • 身体を動かすような趣味を持つ
  • パーソナルトレーニングを受ける
  • 以上のような回答が返ってきました。筆者の私個人的にも、徒歩圏内は歩くようにするというのはやはり効果が大きいように思います。

    在宅ワークの場合運動不足はもちろんですが、外の空気を吸うということが少なくなりがちです。徒歩で移動することで、太陽の光を浴びたり、ゆったりと空気を吸ったりできるのでオススメです。

    <スポンサードリンク>

    おわりに

    以上、爪先立ち最強説!在宅ワークの運動不足解消のためにできるちょっとした工夫についてでした。できそうなものからトライしてみてください。また、こんな工夫ができるよ!というオススメの運動不足解消の工夫があればぜひお寄せください♪

    それでは本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

    関連記事:デスクワークが快適になるおすすめアイテム

    関連記事:通勤・通学・ちょっとした趣味にもオススメの4万円以下で購入できるクロスバイク

    Share on FacebookTweet about this on Twitter

    <スポンサードリンク>

    この記事を書いた人
    MIYALOG編集部
    こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
    合わせて読みたい記事