【クロスバイク】自転車旅や長距離ライドの際に持っておくと便利なオススメの寝袋

どうもこんにちは!MIYALOG編集部です。本日はクロスバイクなどの自転車旅の際に持っておくと便利な寝袋についての投稿です。

筆者の私も学生時代には良く1週間などの期間チャリ生活をしておりまして、この寝袋にはとてもお世話になりました。長距離ライドを考えている人は持っておくと便利なアイテムですのでチェックしてみてください♪

寝袋があるとまた一段楽しくなる旅

まずはじめに自転車旅に寝袋が必要なのか?について。自転車旅をする場合の宿泊方法としては①きちんとしたホテルに泊まる、②誰かの家に泊めてもらう、③満喫などに泊まる、④マクドナルドなど24時間営業の店内で朝を待つ、がまず出てくる。

そして、公園や川のほとりなどの「その辺で寝る」というのが⑤野宿です。いやぁー、安全面を考えるとあまりプッシュできるものではないのですが、この野宿というのもまた旅の大きな魅力の一つなんですよね。

普段は絶対にしないような行動であることへの新鮮感。そして自然の中に身を置くなんとも言えない野性感。ある程度の期間、旅に出るのであればぜひ一泊ぐらいは野宿で♪

そして、野宿の際に便利なのが寝袋です。便利というよりは夏以外の季節はこれがないと野宿はキツい。そんなわけで、以下ではAmazonで購入できるオススメの寝袋をピックアップしています。

オススメの寝袋

寝袋には「最低使用温度」というものがあるので、季節に合わせて持参する寝袋を使い分けると良いでしょう。なお、現在の価格や在庫状況といった商品の詳細情報は各寝袋の概要ページにてご確認ください。

丸洗いのできる寝袋 ワイドサイズ 封筒型 最低使用温度 -5℃ コンパクト収納袋付き シュラフ 寝袋 オールシーズン

こちらの寝袋は丸洗いできて、オールシーズン対応。価格も3,000円以下となっており編集部オススメの寝袋。


詳細を見る

丸洗いOK White Seek 寝袋 シュラフ 封筒型 耐寒温度 -5℃ コンパクト収納 オールシーズン (ブラック)


詳細を見る

WhiteSeek 寝袋 シュラフ 封筒型 【最低使用温度7℃ 1000g】 (NEWダークグリーン)


詳細を見る

WhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型 【最低使用温度-5℃ 1450g】 (BLACK)


詳細を見る

丸洗い OK 寝袋 封筒型 軽量 アウトドア 登山 車中泊 耐寒温度5度 収納袋付き (グリーン, 1KG)


詳細を見る

KingCamp(キングキャンプ) 寝袋 封筒型 シュラフ 軽量 スリーピングバッグ 最低使用温度-5度 多機能 連結可能 キャンプ アウトドア ブルー KS3103


詳細を見る

ロゴス 寝袋 丸洗いやわらかシュラフ・2[最低使用温度2度] 72600580


詳細を見る

コールマン 寝袋 パフォーマー2/C10 グリーン/イエロー [使用可能温度10度]


詳細を見る

コールマン 寝袋 パフォーマー2/C5 ネイビー/バーミリオン [快適温度5度]


詳細を見る

コールマン 寝袋 フリースフットイージーキャリースリーピングバック/C0 [使用可能温度0度]


詳細を見る

ひとまず自転車旅にオススメの寝袋のピックアップはここまでとさせていただきます。寝袋自体には他にも2人用の寝袋やふかふかで暖かい寝袋など様々なタイプがあります。

自転車旅では荷物を軽くすることも重要なポイントとなりますので、今回はコンパクトなタイプのものに絞ってピックアップさせていただきました。この他にも寝袋をいろいろと探してみたいという場合はこちらからAmazonの寝袋一覧に飛べるのでチェックしてみてください。

寝袋を探す

おわりに

以上、【クロスバイク】自転車旅や長距離ライドの際に持っておくと便利なオススメの寝袋についてでした。自転車旅がより素敵な時間になることを願っています。

それでは本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事:クロスバイクをさらに楽しむ!おすすめのアクセサリーまとめ【#自転車】

関連記事:通勤・通学・ちょっとした趣味にもオススメの4万円以下で購入できるクロスバイク

Share on FacebookTweet about this on Twitter

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
合わせて読みたい記事