元気が出るアニメ「天元突破グレンラガン」がAmazonプライムビデオで視聴可能!

Amazonプライムビデオでアニメグレンラガン配信中

どうもこんにちは宮田です。本日は筆者の中でオススメ度トップクラスのアニメ「天元突破グレンラガン」について投稿させていただきます。

元気がない時、落ち込んだ時、前に一歩踏み出す勇気が欲しくなった時、ふと見返すアニメ。それが僕にとってグレンラガンです。そのグレンラガンが現在、Amazonプライムビデオで配信中でしたのでピックアップさせていただきます!

<スポンサードリンク>

天元突破グレンラガン

この物語は地中に押し込められて過ごす子どもたちが、天を目指して戦う物語です。このアニメの凄いところはあらゆる理論理屈や整合性なんかが無視され、とにかく「気合い」で突破していくところです。

普通そういう無茶苦茶なストーリー展開だと違和感を感じたりするものですが、グレンラガンの凄いところはそういう違和感や物足りなさを感じさせないところです。あれこれ考えてるんじゃなく、とにかく前に進め!壁にぶち当たっても、転んでも、どれだけ最強の敵が目の前に現れても、とにかく前に進め!というメッセージを感じます。

ここまで馬鹿正直さを真面目に語り尽くしているアニメは中々なくて、少年心をフルに刺激されるアニメです。自分の選んだ道を信じろ!お前が信じる俺を信じろ!お前が信じるお前を信じろ!みたいなメッセージが大好きです。

2007年公開のアニメですが、今もテレビ放映されるなど人気のアニメです。ぜひぜひチェックしてみて欲しいオススメ作品。

天元突破グレンラガン タイトル一覧

1. お前のドリルで天を突け!
2. 俺が乗るって言ってんだ!!
3. 顔が2つたぁナマイキな!!
4. 顔が多けりゃ偉いのか?
5. 俺にはさっぱりわからねえ!
6. 見てえものは見てえんだ!!
7. それはお前がやるんだよ!
8. あばよ、ダチ公
9. ヒトっていったい何ですか?
10. アニキっていったい誰ですか?
11. シモン、手をどけて
12. ヨーコさん、お願いがあります
13. みなさん、た~んと召し上がれ
14. 皆さん、ごきげんよう
15. 私は明日へ向かいます
16. 総集片
17. あなたは何もわかっていない
18. 聞かせてもらうぞこの世界の謎を
19. 生き残るんだどんな手段を使っても
20. 神はどこまで僕らをためす
21. あなたは生き残るべき人だ
22. それが僕の最後の義務だ
23. 行くぞ 最後の戦いだ
24. 忘れるものか この一分一秒を
25. お前の遺志は受け取った!
26. 行くぜ ダチ公
27. 天の光はすべて星

全27話はちょっと長いなぁ…という場合は、まず8話までを目処にでも見てみて欲しいです!←

Amazonプライムビデオについて

【VOD】Amazonプライムビデオで楽しめるオススメのアニメ3選

Amazonプライムビデオはアニメや映画が見放題となるVODサービスの一つです。(登録されている作品に限ります。)

Amazon社が提供するサービスで、登録されているアニメ数が豊富であることはもちろん、年会費や3,900円と破格的なコストパフォーマンスであること、そのほかにもAmazonを利用する上で多数のメリットを利用することができる、注目のサービスとなっています。

アニメや映画、ドラマを日常よく見るという人にはオススメです。筆者も電車の中や夜寝る前に布団の中で利用しています。

▽Amazonプライムビデオ 公式サイト
Amazonプライムビデオ

《注意》
配信作品は随時変わっていきます。本記事は執筆現在の配信作品情報に基づくものであり、グレンラガンの配信を確約するものでありません。リアルタイムな配信作品情報は公式サイトにてご確認ください。

おわりに

以上、元気が出るアニメ「天元突破グレンラガン」がAmazonプライムビデオで視聴可能!についてでした。

様々な人の声を聞くこと、みんなで一歩踏み出すことが大切だと説かれる今の世の中、その一方で自分で一歩踏み出すことができなかったりします。グレンラガンを見ると、信じる道を、信じる仲間と共に激走したくなります。何度見ても色褪せない、最強のアニメ。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました♪よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事:元気が出るアニメ!おすすめ12選

関連記事:元気が出るアニソン(アニメソング)おすすめ13選

Share on FacebookTweet about this on Twitter

<スポンサードリンク>

この記事を書いた人
MIYALOG編集部
こころの元気をチャージする。20代のジレンマに立ち向かう、元気が出るライフハックブログ『MIYALOG』の編集部です。現在、ライター様、寄稿ライター様を募集しています。
合わせて読みたい記事