写真売買サイト「スナップマート」でアイキャッチ用の写真を購入してみた♪

snapmart スナップマート

どうもこんにちは宮田です。本日はブログ運営における写真の調達についてです。

写真を売買するサイトは多数存在しますが、今回は「Snapmart(スナップマート)」というサービスを利用してみましたので、レビューがてら残しておきたいと思います。

<スポンサードリンク>

Snapmartとは

スナップマートとは、「インスタ映えする自然な写真素材なら“Snapmart”(スナップマート)」というコピーでサービスを提供する写真の売買サイトです。

▽Snapmartサイト
 
スクリーンショット 2017-08-22 22.30.09サイトURL:https://snapmart.jp/

カメラマンから一般の方までが投稿している写真の中から、用途に応じて写真を購入することが可能です。

今回は「母」で検索して写真を探してみました。

けっこうたくさんの枚数の写真が出てきます↓↓

写真売買サイト「スナップマート」でアイキャッチ用の写真を購入してみた♪

その中から気になった写真をピックアップ↓↓

写真売買サイト「スナップマート」でアイキャッチ用の写真を購入してみた♪

サイズによって価格が変動するようですね。今回はスマホ用のアイキャッチが欲しいというレベル感だったので、Sサイズを購入。金額的には405円(税込)です。

カートに入れて購入画面に進みます↓↓

写真売買サイト「スナップマート」でアイキャッチ用の写真を購入してみた♪

写真利用の注意点(禁止事項)が大きく4つ。

  • アダルト/出会い系サイト/マッチングサービスへの利用
  • 適切な許可をとることなく、自分の写真として公開する
  • 被写体本人であるかのようななりすましプロフィール
  • 被写体本人の人格を傷つけるような加工
  •  
    あまり偶発的には起きなさそうな条件ですが、一応利用の際は注意しましょう。

    実際に購入した写真がこちら↓↓
     
    563312_800

    個人的には400円でこういう写真が手に入るのはとてもありがたいです。フリー素材写真だと被るし、有料写真サイトだとちょっとコストが高い…という場合なんかにオススメではないでしょうか。

    また、インスタ映えするというコンセプトからもわかるように、toCに向けた写真なんかは相性が良さそうです。

    おわりに

    以上、写真売買サイト「スナップマート」でアイキャッチ用の写真を購入してみた♪についてでした。これからSnapmartで写真を購入してみようかな?という方の参考になれば幸いです。

    なお、今回は流れの中でピックアップした写真以外にも何枚か写真を購入しており、本記事のアイキャッチ画像もSnapmartで購入した写真です。

    ▽Snapmart公式サイト
    https://snapmart.jp/

    それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました♪

    【おまけ】
    今回は購入者視点での記事となりましたが、逆に「写真を売る」という視点で見てもSnapmartは面白いサービスだと思います。写真が好きだという方もぜひチェックしてみてください♪

    Share on FacebookTweet about this on Twitter

    <スポンサードリンク>

    この記事を書いた人
    宮田匠
    明日も頑張ろうかなと思えるような瞬間を残していきたいと思っています。映画を観たり本を読んだり、物語を感じられる瞬間が大好きです。本ブログ内の投稿は所属する組織・団体とは関係なく個人の発言です。
    合わせて読みたい記事

    ABOUTこの記事をかいた人

    宮田匠

    明日も頑張ろうかなと思えるような瞬間を残していきたいと思っています。映画を観たり本を読んだり、物語を感じられる瞬間が大好きです。本ブログ内の投稿は所属する組織・団体とは関係なく個人の発言です。